上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

隣のゾンビ~The Neighbor Zombie~ (2010年)






Poisonous Flower




















この作品はゾンビに関係のあるエピソードが6話収録されています。


90分で6話と言うと、短くて何かつまらなそうだな~と思われるかも


知れませんが、意外と短さを感じさせない見ごたえのある内容でした。


私が面白いと思ったランキングです。



1 骨を削る愛   


2 「その後...ごめんなさい」  


3 すきま


4 逃げよう


5 ワクチンの時代


6 ペインキラー





【1話目 にゃー すきま】


(監督)オ・ヨンドゥ



Poisonous Flower


 ←この青年役は「骨を削る愛」の監督

   

  ホン・ヨングンさんです




フィギュアオタクの青年が、突然家具などの隙間に吸い込まれるように


なってしまう不思議な話です。


最後の展開は結構グロいです。






【2話目 わんわん 逃げよう】


(監督)オ・ヨンドゥ


Poisonous Flower





同棲中の彼がゾンビになってしまった話です。


ゾンビになっても理性があるので彼女を食べたりしません。


泣くと目玉がビロ~~ンと、飛び出すシーンが素敵です。






【3話目 ぶーぶー 骨を削る愛】


(監督)ホン・ヨングン


Poisonous Flower





ゾンビになってしまった母に自分の指と血を与える娘の話です。


指を切るシーンはかなり痛そうです。


ラストの展開は血みどろです!






【4話目 ペンギン ワクチンの時代】




(監督)リュ・フン



Poisonous Flower











エイズ患者を救う為にあるワクチンを開発。


中央アジアの少数民族に不法な臨床実験を行い、


治験中に突然変異型ウイルスが発生!


感染者が爆発的に増えてしまった話です。


この6話の中では一番ゾンビ映画らしい話でした。


ゾンビは動きが早く、メイクがグロいです。


内容が難解で理解出来ず、私にはイマイチでした。





【5話目 ウサギ 「その後。。。ごめんなさい」】



(監督)チャン・ユンジョン



Poisonous Flower







元ゾンビだった男性が病気を克服し社会に復帰。


彼の住むアパートにある日見知らぬ女性が訪れ、


いきなりナイフで腕を刺されてしまいました。


彼女は何故、こんな事をするのでしょうか?


男性はゾンビから普通の人間に戻ったけれど、後遺症に悩みます。


変わった設定が面白くて良かったです。





【6話目 モグラ ペイン・キラー】



(監督)ホン・ヨングン


Poisonous Flower









1人の作家が締め切りに間に合うよう、ひたすらパソコンに向かうだけの話。


何の作品をパソコンで打っているかと言うと、


この作品の「隣のゾンビ」です。


詳しいキャストが表示されます。





目オススメ度】 ドキドキドキドキドキドキドキドキ


スポンサーサイト
[ 2011/09/14 22:18 ] § ゾンビ映画 | TB(0) | CM(3)

1 ■なかなか

見るまではオムニバスって知らなかったんですが、それに気がついたら面白かったです、
母の為に身を削る娘の話は痛いし切なかったですね、ゾンビ化が治った後に差別される話も世の中の縮図のようで考え深かったです、
低予算ながらなかなかヨカッタですよね、
[ 2011/09/15 20:25 ] [ 編集 ]

2 ■Re:なかなか

>くらげさん
いきなり、まな板で指を切るシーンから始まり驚きましたね~。
正直あまり期待していなかったけれど、短い作品の方が面白さが凝縮されて良いですね。
日本のつまらないゾンビ映画と比べると韓国の方がクオリティが高いと感心しました。
[ 2011/09/16 19:53 ] [ 編集 ]

Re: ご無沙汰しています

※※さん、お久しぶりです。
新ブログにお越しいただき有難うございます。
最近はホラー映画三昧の日々を送っていらっしゃるのですね♪
私のyahooブログは※※さんのファン登録が残っている筈なのでログインすれば記事を読める筈なのですが・・。
こちらのブログではyahooで書いた記事で納得がいかないモノは再レビューしようと思っています。
※※さんのように喜んでくれている読者の為に、今後も頑張りたいと思います。
温かいコメントを有難うございました。
[ 2011/09/20 22:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/88-1d24ff22