アミティヴィル1992 (1992年)

アミティヴィル1992
【原題】AMITYVILLE1992:IT'S ABOUT TIME
【制作国】アメリカ
【収録時間】95分
【監督】トニー・ランデル
【制作・脚本】クリストファー・デファリア
【原案】ジョン・G・ジョーンズ
【出演】スティーヴン・マクト(ジェイク)
    ショーン・ヴェザリー(アンドレア)
    ミーガン・ウォード(リサ)
    デイモン・マーティン(ラスティ)
    ニタ・タルボット(アイリス・ホウィーラー)



感想


ビデオのジャケットが怖そうに思えなかったので

スルーしていましたが、予想に反して意外と楽しめました。

次から次へと色々な事が起きるので飽きずに観れます。

ただ残念に思えたのが幻覚シーンが多かった事と、

ファンタジー映画のようなラストの展開でした。

「悪魔の棲む家」のように家族が全員家から逃げ出すような

恐ろしい展開だったら、もっと楽しめたと思いました。



内容



    スターリング家
アミ 家の前

ある晩、建築家をしている父ジェイクが出張先から帰宅。
取り壊した家に置いてあったと言うアンティークの振り子時計を
お土産に持ち帰り居間の暖炉の上に飾る事にしました。
アミ 時計

時計を飾るようになって次々と奇怪な現象が起き始めました・・。

近所で飼っている犬が深夜に家に入って来て
時計を見て吠え出したり・・・。
アミ 犬が家の中に


息子のラスティが居間の電気を点けると違う部屋が
見えてしまったり・・・。
アミ 部屋が変化


翌朝、ジョギングに出かけた父ジェイクは行き止まりの道で
犬を連れた近所のテトマン夫人を目撃。
突然犬を放され咬みつかれて大怪我を負いました。
ジェイクは落ちていたガラス瓶で犬の頭を叩き助かったのでした。
アミ 犬に襲われる

父の元恋人アンドレアは帰宅する予定でしたが
怪我が治るまで世話をしてくれる事になりました。
アミ 静養

アンドレアとラスティは犬の飼い主のテトマン夫人の家を訪ねると
「犬は咬んでいない」と否定されました。
アミ テトマンさんの家へ

確かに犬の頭に傷は見当たりませんでした。
アミ テトマンさん3

家では相変わらず奇怪な現象が発生!
居間にいたリサが閉じ込められたり
アンドレアのベッドに黒いドロドロした物体が見えたりしました。

テトマンさんの犬ピーチスが庭の排水溝の中で死んでいるのが見つかり
アミ 犬の死
ラスティが犯人だと疑われてしまいました。

父ジェイクの様子がおかしくなり、精神科医をしている
アンドレアの恋人レナードが家に泊まることになりました。
レナードも深夜にジェイクに銃を向けられる幻覚を見てしまうのでした。

娘のリサも鏡から自分の分身が現れ体を触られる幻覚を見てから
アミ 鏡
別人のように色っぽく変化してしまうのでした。

ラスティは霊能力があるホウィーラーのおばさんの家に行き
居間で見えた別の部屋の話をしました。
アミ ホウィーラーさんの家で

その部屋の特徴から本に載っているジルドレイ男爵の部屋と
似ていると分かりました。
男爵は15世紀のフランスの教師で、
学校で頭の良い生徒の人肉を食べていたと云います。

ラスティの父ジェイクがアミティヴィルの家から持ち帰った時計は
ジルドレイ男爵の家にあった物だと本を見て判明しました。
アミ 部屋の本

以前、スターリング家の前で幻覚を見ていたのです。
アミ 家の前で

翌日、外を歩いていたホウィーラーさんに無人の車が
追突しそうになりました。
アミ トラック回避

助かったと思っていたら、車の上に飾ってある鳥の人形が落下し
怪我をしてしまいました。
アミ 鳥の人形が

ラスティはホウィーラーさんの家に無断で入り、時計の載っていた本を発見!
背後から現れた警察に住居侵入で逮捕されてしまうのでした・・・。
アミ 逮捕される

この後、更に様々な奇怪な現象が襲いかかります。

色っぽく変化したリサの恋人が誘惑され大変な目に遭ったり
アミ リサの誘惑
アミ リサと恋人3

アンドレアの恋人レナードも、こんな事に
アミ 浴槽の中から
アミ レナード2


このビデオは比較的入手しやすいので興味のある方は是非♪


オススメ度】 







スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する