上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悪魔の入浴 死霊の行水 (1972年)

悪魔の入浴 死霊の行水
【原題】CEREMONIA SANGRIENTA
【制作国】スペイン/イタリア
【収録時間】76分
【監督・脚本】ホルヘ・グロウ「悪魔の墓場(74)監督」
【制作】ホセ・マリア、ゴンザレス・シンド
【出演】ルチア・ボゼー(エリザベス侯爵夫人)
    エスパルタコ・サントーニ(カール・ジマール侯爵)
    エヴァ・オーリン(マリーナ)
    アナ・ファーラ(ヌートリーチェ)
 

 
感想


老いる事を恐れた侯爵夫人が夫を死んだと見せかけて

夫に若い女性を殺害してもらい血を浴びる事で

美しさを取り戻す話です。

実在したハンガリーの エリザベート・バートリ伯爵夫人を

モチーフに作られたみたいです。

屋根裏に殺した女性を運び、天井に開いた穴から

血を落としてシャワーを浴びるシーンが一番印象的でした。

ゾッとしたシーンは最後の舌斬り処刑と

ラストの白骨化したエリザベスの姿です。

今の作品と比べると過激さはイマイチですが、

結構面白かったのでDVD化されたら是非ご覧になってくださいね。



内容


※完全ネタバレ注意!



町では成人前の男性を乗せた馬が吸血鬼を探すという伝説があり、
馬が吸血鬼と思われる男性(プロイオウイツ)の墓を発見しました。
吸血鬼発見


領主のカール・ジマール侯爵は出掛けた先で
判事と出会い「吸血鬼裁判」に一緒に出席する事に。
今夜は宿屋に泊る事になりました。


ジマール侯爵の妻エリザベスは老いて醜くなる事を恐れていました。
夫は鷹と遊んでばかりで、まるで1人で暮らしているかのようでした。
侍女のヌートリーチェから処女の鮮血に浸かると若返る話を聞き興味を持つのでした。
老い



宿屋の娘マリーナは金持ちの優雅な暮らしに憧れていました。
宿泊客のジマール侯爵にアプローチするため、
知り合いの老婆から惚れ薬をもらいました。
惚れ薬

惚れ薬を付けて侯爵の部屋を訪ねると
「美しい」と言われ、キスをされそうになりましたが、
宿屋にて

なぜか首を絞められ慌てて部屋から逃げ出しました。
首絞め

翌朝、マリーナは老婆と侯爵を見送りに行くと、
老婆から「侯爵は災いをもたらす悪魔の目をしている。
近づくのはやめた方が良い」と警告されました。
悪魔の目


女中に髪の毛をとかしてもらっていたエリザベスは
「痛い」と言って女中の顔を鏡で叩くと鼻血が出てエリザベスの手に
血が付いてしまいました。
鼻血

翌日、血が付いた部分が白くなっている事に気付きました。
悪魔11



町では吸血鬼裁判が行われプロウィオウイツの家族が
夫は吸血鬼だと証言し遺体の首を斬り灰にする事になりました。
悪魔10

悪魔15 (2)


プロウィオウィツが身に着けていたメダルは老婆がどうしても欲しいと
頼まれ呪文の書かれた羊皮紙と一緒にあげた物だと言います。
「メダルをかけた物は呪いで1年以内に死ぬ」と話しました。
メダル

裁判終了後にジマール侯爵はメダルを自分の首にかけ
呪いが本当か身をもって証明したいと持ち帰りました。
悪魔14

城の屋根裏部屋では女中が美しくなるため鳩を殺し、
その血を体に塗っているのをジマールが発見。
床に開いた穴から下を覗くと
エリザベスも器に血を入れて置いてあるのが見えました。

エリザベスはもっと美しくなりたいと願い、女中の子供の手を
わざと傷つけその血を顔に塗ったりしていました。
子供の血


ジマール侯爵が突然亡くなり、城の地下室で密かに葬儀が行われました。
悪魔18

死んだと言うのは嘘でした。
棺を開けると


侯爵は死んだと思わせて町の娘たちを次々と殺害し
屋根裏から夫人のために血を流し
悪魔19

夫人はシャワーを浴びていたのです。
血のシャワー


侯爵は宿屋のマリーナの部屋に侵入。
以前に会った時に心を惹かれていた侯爵は殺さずに
城に連れて行くことに。

死んだはずの侯爵を目撃したと言う情報から、
城に町人たちが押し寄せ、侯爵の棺を見せろと要求。
城に町人が押寄せる

城の地下室にあった棺の中から行方不明になっていた
娘たちの死体が発見されたのでした。

屋根裏に入った侯爵とマリーナ。
本当は殺したくなかったのですが、マリーナの首を噛んで殺害。
24悪魔

2人の様子を背後から見ていた夫人は背後からナイフで
夫を刺し殺しました。
夫を殺害

城から逃げようとしていた夫人は町人たちに捕まってしまい
逃走失敗

裁判で夫人は「夫に殺して欲しいと自分が頼んだ」と自白。
ロイヤルファミリーと言う事で上告は却下され、
エリザベスは生涯城の中で暮らし、ヌートリーチェは舌を斬り
死ぬまで夫人に仕えるよう判決が下されました。
判決


室内には城から出られないよう煉瓦で積まれ
悪魔30

外から食事が運ばれていましたが
悪魔31

エリザベスは既に死亡していたのでした。
悪魔32


(END)



スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する