上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゾンビ・ファイト・クラブ (2014年)

ゾンビ・ファイト・クラブ
【原題】活屍競技場
【制作国】台湾
【収録時間】95分
【監督】ジョー・チエン
【制作】ゴードン・チャン
【出演】アンディ・オン
ジェシカ・C
マイケル・ウォン
テレンス・イン



内容


高層マンションの一室でドラッグの売買が行われ

そのドラッグを飲んだ人がゾンビに変化

ゾンビはマンションの中にいた人々を次々と襲い

麻薬の取り締まりにやって来た

警察の特殊部隊も巻き込まれてしまいました。

事件発生から一年後、無政府状態になり

生き延びた人々は地下生活を強いられ

悪の支配者が人間を奴隷にし、

人間VS.ゾンビの余興を楽しんでいたのですが・・。


感想


ゾンビと戦って賞金を稼ぐような内容かと思いましたが、

そういう話ではなく、ただ戦わせて楽しむ程度のモノで

人間VS.人間を戦わせたりもします。

この作品は前半と後半が分かれているような作りで

前半が高層マンションを舞台にした普通のゾンビ映画

開始から一時間後位から、ファイトクラブの展開になります。

私的にはファイトクラブになってから、面白く感じませんでした。

血みどろな展開の前半だけで良かったかも。

何故、あの人物が支配者になれたのか?よく分からないし・・。

この作品に登場するゾンビですが、

ゾンビの数は多く、動きはノンビリした感じ。

モンスターっぽく変身したゾンビも一体出て来ました。

CGが所々で使われており、

ゾンビを殺し方が色々工夫されていたので楽しめました。

話の内容は面白いとは言えませんが、

ゾンビとの戦いは楽しめると思います。


オススメ度】







スポンサーサイト
[ 2016/09/22 07:11 ] § ゾンビ映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する