上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フッテージ (2012年)

フッテージ
【原題】SINISTER
【制作国】アメリカ
【収録時間】110分
【監督・脚本】スコット・デリクソン
【制作】ジェイソン・ブラム
    ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ
【脚本】C・ロバート・カーギル
【出演】イーサン・ホーク(エリソン・オズワルト)
    ジュリエット・ライランス(トレイシー・オズワルト)
    ジェームズ・ランソン(副保安官)
    マイケル・ホール・ダダリオ(トレヴァー)
    クレア・フォーリー(アシュリー)



感想


どこかのサイトで「あまり怖くないし面白く無い」と言う評価を読んで

スルーしていましたが、続編が作られたので観てみる事にしました。

つまらないかと思いきや、面白かったです♪

他の人の評価は気にせずに早く観ておけば良かったです。(;^_^A

どこが良かったかと言うと、怖い要素が押えられている所です。

①曰くつき物件
②幽霊
③惨殺事件
④●●が犯人

一家が惨殺される様子のビデオが何本かあるのですが、

それぞれ違う手口で、かなり残酷でした。

ビーチチェアーに縛られ生きたままプールに沈められるとか・・

犯人が誰なのか分かると更にゾッとしました。

最後の展開も驚かされました。

私的にはオススメの作品です。


内容


※完全ネタバレ注意



ノンフィクション作家をしているエリソンは10年前に出版した

「流血のケンタッキー」以来、スランプ状態で破産寸前でした。

本のネタにする為、4人が庭の木で惨殺され娘が1人失踪した曰くつき物件を

家族に内緒で購入し、引っ越す事になりました。

書斎には家族を入れず、1人で家の中を調査していると

屋根裏部屋に8ミリビデオと数本のテープが入っている箱を発見!

テープを見てみると、一家が惨殺される様子が映っていました。

警察に通報しようとしましたが、思い直し一人で調査を続けていると

屋根裏からミスター・ブギーという名前が書いてある犯行の絵が見つかりました。

恐ろしくなったエリソンは極秘で副保安官に調査を依頼しました。

副保安官から宗教に詳しいジョナス教授の紹介を受け話を聞きに行くと、

犯行の際に残されている記号のようなモノは

子供の魂を食べて生き続ける「ブグール」という悪魔のモノだと分かりました。

屋根裏で子供たちの霊を目撃したエリソンは本を書くのを諦め

今すぐ元の家に戻ろうと家族に話し、家を出る事にしました。

数本の8ミリビデオに撮られた惨殺映像に共通点がある事に気付いた

副保安官はエリソンに電話をしました。

「事件が起きた家に住んでから次の場所に移り住むと死ぬ」と・・・。

電話を聞いたエリソンは眠り薬を知らずに飲んでしまい、

ブグールに取り憑かれた自分の娘によって

一家は斧で首を斬られ家に火を点けられて死んでしまうのでした・・・。

(END)

オススメ度】











スポンサーサイト
[ 2016/07/04 22:56 ] † ホラー映画 【2012年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する