上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘブンズ・ベール~死のバイブル~ (2014年)

ヘブンズ・ベール
【原題】THE VEIL
【制作国】アメリカ
【収録時間】94分
【監督】フィル・ジョノー
【制作】ジェイソン・ブラム
【制作・脚本】ロバート・ベン・ガラント
【出演】ジェシカ・アルバ(マギー)
    リリー・レーブ(サラ)
    アレクサ・パラディノ(カレン)
    トーマス・ジェーン(ジム)


内容


1985年の3月、ヘブンズ・ベール農場でカルト教団のヘブンズ・ゲートの

教祖ジム・ジェイコブズが作った毒薬により47人の信者が自殺。

事件から25年後、その事件でFBIの捜査官をしていた父を自殺で亡くした

マギーと弟のクリスは、事件で唯一の生存者サラを捜し出し、

事件の真相を解明するため、ドキュメンタリー映画を制作する事に。

映画学校の仲間と8人で事件現場の農場へ行き、

キャンプをすることになりました。

翌朝、起きると仲間のエドが車に乗って行方不明に!

ニックとアンの2人で助けを呼びに出掛ける事になりました。

生存者のサラは事件当時の記憶を取り戻し、

信者以外誰も知る事のなかった

教祖ジムが暮らしていた家に案内してくれました。

そこで彼らは次々と恐ろしい目に遭うのでした・・・。


感想


話の内容が最後までしっかりと作られている所は良かったのですが、

イマイチ話に引き込まれない感じで、途中退屈に感じました。



※この先、ネタバレあり注意


1997年に実際に起きたヘブンズ・ゲート集団自殺事件をモチーフに

作られた作品のようです。

実際の事件ではヘール・ホッブ彗星に続く宇宙船に魂を乗せようと考え

集団自殺を行ったそうです。

この作品では魂は永遠で肉体が死んでも復活出来ると信じ、

集団自殺をした人々の魂が、人間を殺し肉体を支配する話です。

支配した肉体を使って仲間を次々と殺すのですが、

呆気なく殺されてしまうので、

ホラー映画としてはイマイチ面白く無かったです。(o´_`o)


オススメ度】






スポンサーサイト
[ 2016/06/27 22:06 ] † ホラー映画 【2014年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する