ゾンビワールドへようこそ (2015年)

ゾンビワールドへようこそ
【原題】SCOUTS GIDE TO THE ZOMBIE APOCALYPSE
【制作国】アメリカ
【収録時間】93分
【監督・脚本】クリストファー・ランドン「パラノーマル・アクティビティ/呪いの印(14)監督・脚本」
【制作】トッド・ガーナー、アンディ・フィックマン
【原案・脚本】キャリー・エヴァンズ、エミ・モチズキ
【出演】タイ・シェリダン(ベン)
    ローガン・ミラー(カーター)
    ジョーイ・モーガン(オギー)
    セーラ・デュモント(デニース)


内容


高校一年生のべン、カーター、オギーは

6歳からボーイスカウトをやっていました。

今夜はオギーのコンドル章授与式を兼ねキャンプをする事に。

ベンとカーターはボーイスカウトはダサくて女にモテないと思い

オギーには内緒で除隊しようと考えていました。

今夜はベンが憧れているカーターの姉ケンドルたちが

シークレット・パーティーに行くと聞き、

2人でキャンプを抜け出しパーティーに行こうと計画。

その頃、ロジャース隊長が森の中を歩いていると、

研究所から脱走して来たゾンビに襲われてしまいました。

何も知らない3人は先にテントを張ってキャンプの準備を開始。

夜になってオギーに内緒で出掛けようとすると見つかってしまいました。

2人でパーティ会場に向かうと、嘘の場所だと気づきました。

そこでゾンビと遭遇し、大変な事態になってしまうのでした・・・。


感想


「ゾンビランド」を真似て作られた、怪しい作品だと思い

正直期待していませんでしたが、これは傑作でした!!

オープニングで掃除屋の兄ちゃんがいきなりモップを持って

歌う真似から始まり、これは面白いなと思いました。

その後もダレる事なく次々とテンポ良く話が進んで行きました。

面白いけれどもゾンビに襲われるシーンは、しっかりと怖く作られており

色々なアイデアも満載でした。

私が笑えた所は婆さんに襲われるシーンと、トランポリンのシーンです。

登場人物がボーイスカウトという設定が良かったですね。

ホラー映画で、こんな好青年が出てくるのは珍しいと思います。

是非御覧になってくださいね。


オススメ度】





スポンサーサイト
[ 2016/06/11 22:13 ] § ゾンビ映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する