上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スクリーム (1996年)






Poisonous Flower


















【原題】SCREAM

【製作国】アメリカ

【収録時間】111分

【監督】ウェス・クレイヴン

【製作】ケイリー・ウッズ、キャシー・コンラッド

【脚本】ケヴィン・ウィリアムソン

【音楽】マルコ・ベルトラミ

【出演】ドリュー・バリモア(ケイシー)

    ネーヴ・キャンベル(シドニー)

    スキート・ウールリッチ(ビリー)

    ローズ・マッゴーワン(テイタム)

    コートニー・コックス(ゲイル)



叫び観想】



久しぶりに観賞しました。


オープニングのドリュー・バリモアさんが殺されるシーンだけが


印象に残っていて、犯人が誰なのか?を忘れていました。(;^_^A


この作品を一言で表現すると「ホラー映画オタク猟奇殺人事件」です。


ホラー映画が大好きな死神の仮面を被った犯人がクイズを出し、


間違えると殺されてしまうのです。


何となく「SAW」と通じるモノがあったのですね。


台詞の中にも色々なホラー映画のタイトル名が出て来ました。


「死霊のはらわた」「テラートレイン」「羊たちの沈黙」など・・・。


笑えたのが犯人は「エルム街の悪夢」が好きだそうで、


一作目だけが怖い」という台詞がありました(笑)


私が一番気に入ったシーンは、


自宅のTVで「ハロウィン」の映画を観ている最中に


殺人鬼に殺されそうになるシーンです。


「ハロウイン」の恐ろしい曲が流れる中、実際に殺人鬼に襲われてしまうという


「スクリーム」と「ハロウィン」のコラボレーションシーンがあるのです音譜




「スクリーム」のシリーズは全部で4作品作られました。



Poisonous Flower












全作品ウェス・クレイヴンさんが監督を務められ、


主役と数人の共演者も同じと言うのは珍しいですよね。


主役のシドニーはよく生き延びたと感心します。


身体能力が高いのでしょうかね?


新作の「スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション」は10月29日から公開です。


私のように昔に観たきりと言う人は、この機会に再見してみると良いかも。





ドクロあらすじ】



ある日の夜、一人で留守番をしていたケイシーの元に知らない男から電話が掛って来ました。


間違い電話かと思い電話を切ると、また掛って来ました。


ケイシーは「これからハロウィンの映画を観るの」と言うと、男もホラー映画が好きだと言います。


男は何故か恋人のスティーブの事を知っており、今度電話を切ったら内臓をえぐると脅して来ました。


「外の灯りをつけてごらん」と言うので点けると、椅子に縛られたスティーブがいました。



Poisonous Flower








男は「クイズに正解したら彼は生かしてやる」と言いました。


「13日の金曜日の殺人鬼は誰?」という問題でした。


「ジェイソン」だと答えると「違う」と言います。


答えはジェイソンの母だったのです!叫び


不正解だったので、スティーヴは内臓をえぐられ殺されてしまいました。


家の中に死神マスクを被った犯人が侵入して来たので外へ逃げると


犯人が追いかけて来てナイフで刺し殺されてしまいました。


Poisonous Flower










ケイシーが殺された直後に両親が帰宅。


外で首を吊られ死亡しているケイシーを発見したのでした。



翌日、学校では2人の生徒が惨殺された事件で騒ぎになっていました。



Poisonous Flower









学校は暫くの間、休校になりました。


父親が仕事で1人で留守番をする事になったシドニーはテイタムの家に泊まらせてもらう約束をし、


迎えに来るのを待っていました。


そこへ知らない男から電話が掛って来ました。


男は「この家のポーチにいる」と言うので様子を見に行くと、誰もいませんでした。



Poisonous Flower








電話を切ろうとすると「切ると、お前のお袋みたいに死ぬぞ!」と脅しました。



家の中に逃げ込むと、死神のマスクを付けた殺人鬼が現れ襲いかかって来ました。



Poisonous Flower







2階の部屋に逃げ込み、パソコンで警察に通報。


すると、窓から恋人のビリーが入って来ました。



Poisonous Flower







ビリーに抱きついていると、ポケットから携帯電話が落下。


シドニーはビリーが犯人ではないか?と疑いました。


警察が到着後、ビリーは容疑者として逮捕されてしまうのですが・・。




内容はこの辺で。


この後、シドニーの父親が行方不明となり犯人ではないかと疑われます。


真犯人は一体、誰なのでしょうか?





目オススメ度】 ドキドキドキドキドキドキドキドキ




スポンサーサイト

1 ■久々に

ちょいとばかりホラーが停滞期だった頃に再び、ウェス・クレイブンの名が世に知れ渡ったヒット作でしたね。

続編あまり覚えないので暇な時にレビューお願いします。
[ 2011/09/07 19:21 ] [ 編集 ]

2 ■Re:久々に

>ジョージさん
エルム街以降、それ程のHIT作に恵まれなかったので、思い入れが強い作品なのでしょうね。

続編ですか~。Σ-=≡(|li゜Д゜ノ)ノ
続編のレビューは疲れるのでパスさせてください。スミマセン!
昔、2を観たけど面白かった記憶が無いです。(;^_^A アセアセ・・・
[ 2011/09/08 23:11 ] [ 編集 ]

 これは面白かったですね。ホラーサスペンス映画としては上出来だと思います。ローズ・マッゴーワンが出ていたのですね。この女優さんは「プラネット・テラー・イン・グラインドハウス」(だったよね)で片方の脚にマシンガンを付けて暴れていた人です。そうか、「スクリーム」にも出ていたのか。気付きませんでした。
[ 2013/05/14 21:54 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

クリント・デ・ニーロさんへ★ この頃のローズ・マッゴーワンさんは脇役だったので
全然印象に残らない感じでしたね。
何回観ても面白い名作ですね♪
[ 2013/05/15 22:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/83-91bc0373