上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グッドナイト・マミー (2014年)

グッドナイト・マミー
【原題】GOOD NIGHT MOMMY
【制作国】オーストリア
【収録時間】99分
【監督・脚本】ヴェロニカ・フランツ、ゼヴリン・フィアラ
【制作】ウルリヒ・ザイドル
【出演】ズザンネ・ヴースト(ママ)
    エリアス・シュヴァルツ(エリアス)
    ルーカス・シュヴァルツ(ルーカス)



内容


郊外の森の中に建つ豪邸に母と双子の息子2人が暮らしていました。

ある日、母親が顔の整形手術を受け、顔全体に包帯を巻いて帰宅。

母は医師から「安静にするように」言われたので息子たちに

5つの約束をして欲しいと頼みました。

①家では静かにする事

②日光は体に障るのでブラインドは開けない

③庭で遊んで良いが生き物を家の中に持ち込まない

④ママの部屋に入る時はノックをする

⑤誰かが訪ねて来たら「ママは病気」だと言う


家に戻ってきた母は以前とは違いヒステリックでした。

双子のルーカスの食事も用意せず、

反抗的な態度を取ると厳しく怒られました。

息子2人は本当の母親ではないと疑い、

恐ろしい行動に出るのでした・・・。


感想


母親は最後まで包帯を巻いていて実は化け物だった!と言う

展開を予想していたのですが、

母親は途中から包帯を外します。

双子の息子は最初の方で分かると思いますが

ルーカスは死んでいて、エリアスだけ姿が見えているようです。

彼らは巨大ゴキブリをペットとして飼っており、

ゴキブリを寝ている母親に乗せるシーンが観ていてゾッとしました。

後半からは拷問のような展開になり

最後には「そこまでやるか!」と驚きました。

恐ろしい子供の映画でした。( ̄ω ̄;)


オススメ度】 
スポンサーサイト
[ 2016/06/02 21:42 ] † ホラー映画 【2014年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する