上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デッド・ノート (2014年)

デッド・ノート
【原題】LET US PREY
【制作国】イギリス/アイルランド
【収録時間】92分
【監督】ブライアン・オマリー
【制作】ブレンダン・マッカーシー、ジョン・マクドネル
    エディ・ディック
【脚本】フィオナ・ワトソン、デヴィッド・ケアンズ
【音楽】スティーヴ・リンチ
【出演】ポリアンナ・マッキントッシュ(レイチェル)
    リーアム・カニンガム(シックス)
    ダグラス・ラッセル(マクレディ巡査部長)
    ハンナ・スタンブリッジ(マンディ)



内容


レイチェル・ヘギー巡査は今夜から初めての職場で勤務する

通勤途中で、黒い服を着た中年男が車で撥ねられた所を目撃!

ヘッドライトに血痕が付いていたものの、被害者の姿はありませんでしたが、

運転手の青年(シーザー)を警察署に連れて行く事にしました。

警察署で事情聴取すると、シーザーは無免許運転だと判明し

地下牢に入れる事になりました。

地下牢には妻にDVをして逮捕されたベズウィックが入っていました。

外をパトロールしていたワーノックとマンディが

シーザーに撥ねられたと思われる中年男を保護し

話を聞き出そうとすると、自分の名前を言おうとしないので

仕方なく指紋を照合すると、1993年に火事で死亡した79歳の男と一致。

所持している物を調べると、名前だけが沢山記入してある古いノートを持っていました。

謎の男の怪我の治療をするためにヒューム医師が警察署にやって来ました。

謎の男はヒューム医師に「お前の全て(秘密)を知っている」と言いました。

その言葉に驚いた医師は持っていたハサミで謎の男を刺そうとし、

地下牢に入れられる事になりました。

謎の男も身元が分かるまで地下牢に保護する事に。

その後、レイチェルだけ署に残り、他の警官たちは出かけて行きました。

レイチェルは謎の男が持っていたノートに書かれている名前を

調べた所、全員死亡している人ばかりでした。

地下牢に入れた男は、他人が今まで犯してきた過ちを何故か知っており、

男に話しかけられた人々は次々と狂ってゆき大変な事態になって行くのでした・・。


感想


ある晩、偶然のように警察署に集まった人々が

何もかも見通す不思議な能力を持つ男が現れた事で

皆、狂ったような本性を見せ、この後凄い展開になって行きます。

中でも、真面目そうに見えた人物が一番狂ってしまう所が驚きました。

最初の方は面白くなさそうな雰囲気でしたが、

面白かったので、オススメです♪


オススメ度】 









スポンサーサイト
[ 2016/06/01 22:05 ] † ホラー映画 【2014年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する