上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

劇場霊 (2015年)

劇場霊
【監督】中田秀夫
【製作】 由里敬三、井坂正行
中村理一郎、大角正、高橋善之
【脚本】 加藤淳也、三宅隆太
【VFXスーパーバイザー】立石勝
【出演】島崎遥香 (水樹沙羅)
足立梨花(野村香織)
高田里穂 (篠原葵)
町田啓太 (和泉浩司)
中村育二 (児島敬一)
小市慢太郎 (錦野豪太)



内容


芸能事務所に入ってから5年の女優、水樹沙羅は

いまだに役に恵まれていませんでしたが、

気鋭の演出家の新作舞台「鮮血の呼び声」のオーディションに合格し

主演のエリザベートに生き血を捧げる町娘の脇役に抜擢されました。

舞台にはエリザベートの分身として、等身大の人形が椅子に置かれていました。

その人形は呪われた生き人形で「ちょうだい」と動いて、

舞台関係者たちは次々と殺されてしまうのでした・・。


感想


何の情報も知らずに観に行ったのですが、

上の内容にも書いてある通り、劇場に幽霊が出てくる話ではなく、

等身大の生き人形が舞台関係者を襲い、生気を吸って

まるで蝋人形のような死に顔で殺される話でした。

オープニングで、その人形を作った作家が

人形に2人の娘を殺され、人形をバラバラに切断し、

残った人形の頭が舞台の倉庫に置かれていたという設定は

不気味で良いなと思いましたが、

人形が動いて襲って来るシーンは、リアルさが感じられず

怖いというよりも笑ってしまいました。(;^_^A

人形に取り憑いている霊が登場し、少しだけ人形が動くような

展開にした方が怖く感じられたかも知れません。

最近の中田監督の作品は怖さがイマイチなのが続いてますね。

昔の作品のような怖い映画をまた作って欲しいです。


オススメ度】 

スポンサーサイト
[ 2015/11/23 21:50 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する