上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リメイニング (2014年)

リメイニング
【監督・制作・原案・脚本】ケイシー・ラ・スカラ
【制作】マーク・ビエンストック
    ブラッド・ラフ
【脚本】クリス・ダウリング
【出演】アレクサ・ヴェガ(スカイラー)
    ショーン・サイポス(ジャック)
    ジョニー・ペイカー(トミー)
    ブライアン・デチャート(ダン)


内容


ダンとスカイラーの結婚披露パーティーの途中で

突然、人々が次々と謎の即死。

生き延びた人々が外に出てみると、

墜落した飛行機や路上で死んでいる人々の姿が!

雷鳴と共に巨大な氷の塊が降って来たため

友人が避難していると思われる教会に逃げ込む事に。

しかし、謎の怪物が教会に現れ、次々と死んでゆくのでした。



感想


※ネタバレあり注意!



聖書に書かれている世界の終焉と同じ事が、

もし実際に起こったらどうなるのかを映像化したような内容です。

即死する人と死なない人の違いは

信仰心が、あるかないかで決まります。

普通なら、信仰心のある者は助かるのですが、

この作品の場合は逆で、即死してしまいます。

信仰心が無い者は生き延びますが

謎の怪物(堕天使?)によって殺されます。

信仰心が無い者が、神の信仰を選んだ途端にすぐに殺されます。

最初の氷の塊が空から降って来て、教会に逃げ込むまでは

ハラハラして面白いなと思いましたが、

逃げ込んだ後は、怪物が外にいる気配だけで

戦う訳でも無く、一方的に殺されるだけなので

退屈に感じられました。

クリスチャンの人なら、楽しめるかも知れませんが

無信仰者の多い日本人にはウケない内容のように

思えました。


オススメ度】 

スポンサーサイト
[ 2015/11/10 21:56 ] § SF・パニック系ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する