7500 (2014年)

7500.jpg
【制作国】アメリカ
【収録時間】79分
【監督】清水崇
【制作】一瀬隆重、ロイ・リー
【脚本】クレイグ・ローゼンバーグ
【音楽】タイラー・ベイツ
【出演】ライアン・クワンテン(ブラッド)
    エイミー・スマート(ピア)
    レスリー・ビブ(ローラ)
    ジェリー・フェラーラ(リック)



内容&感想



ロサンゼルスから東京に向かう途中のジャンボジェット機が

高度1万メートルの上空で乱気流に巻き込まれ

そのショックからか?一人の男性が発作を起こし死亡

その後、機内で奇怪な事が起き始め乗客が次々と失踪してゆく話です。

登場人物が色々と個性的だったのでドラマとしては飽きずに観れました。

中盤までは次々と色々なハプニングが起きて面白かったのですが

後半はチョッと退屈に感じられました。

何故かと言うと、幽霊かゾンビでも出て来るのかとワクワクしながら

観ていたのに結局何も出て来なかったからです。

死んだ乗客がゾンビとなって次々と襲いかかるような展開の方が

もっと楽しめたかも?

乱気流のシーンは良かったけれど、

ホラー映画としてはショッキングなシーンも少ないし物足りなかったです。

最後のオチも私は予想可能でした。(;^_^A アセアセ・・・


オススメ度】 
スポンサーサイト
[ 2015/08/29 21:22 ] † ホラー映画 【2014年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する