進撃の巨人 ATTACK ON TITAN (2015年)

進撃の巨人
【収録時間】98分
【監督】樋口真嗣
【製作】市川南 、鈴木伸育
【エグゼクティブプロデューサー】山内章弘
【プロデューサー】佐藤善宏
【原作】諫山創
【脚本】渡辺雄介、町山智浩
【特撮監督】 尾上克郎
【音楽】 鷺巣詩郎
【VFXスーパーバイザー】佐藤敦紀、ツジノミナミ
【特殊造型プロデューサー】西村喜廣
【出演】三浦春馬(エレン)
    長谷川博己(シキシマ)
    水原希子(ミカサ)
    本郷奏多(アルミン)
    三浦貴大(ジャン)
    石原さとみ(ハンジ)
     ピエール瀧(ソウダ)
     國村隼(クバル)

内容


突如出現した謎の巨人が人類の大半を喰い殺し、

生き延びた人間たちは巨大な壁を三重に築いて暮らし始めてから

100年の歳月が過ぎました。

壁の外の世界に憧れる3人の若者(エレン、ミカサ、アルミン)は

ある日、巨大な壁の近くまで遊びに行くと、

壁の大きさを超える巨人が突然現れ壁の一部を崩壊

開いた穴から巨人たちが中に入って来てしまい

人間たちは次々と食べられてしまいました。

教会に逃げ込んだエレン(三浦春馬)は中に入る事が出来なかった

ミカサ(水原希子)を助けてあげられず

内壁の中に逃げ延び、2年が経ちました・・・。

エレンはアルミンと共に武装調査団に入隊し、

外壁の修復作戦に出たのですが・・・。


感想


※漫画本を読んでいませんが、予告編が面白そうだったので鑑賞。

私は人体模型のような巨人が襲って来る話だと思っていましたが、

人体模型風の超巨大なCGの巨人は壁を崩壊する最初のシーンだけでした。

全裸で口が裂けたゾンビのような恐ろしい巨人が次々と現れたので驚きました。

巨人は皆CGなのかと思っていましたが、本物の人間を巨大化しているので

リアルな恐さがありました。

R12指定ですけど、

人間を食べるシーンは体を引きちぎり血が飛び散る残酷さで

普通のゾンビ映画よりも恐いかも?

結構グロかったので、そういうのが苦手な人にはオススメ出来ません。

巨人の特徴ですが、性器がなく、どのように繁殖したのかは謎でした。

銃で撃っても、体が再生してしまいます。

弱点が一つだけあって首の後ろを斬ると死にます。

最後には妙な展開になって、次回作では巨人の謎が明らかになると思われます。

ホラー映画のような内容だったので意外と楽しめました。


オススメ度】 








スポンサーサイト
[ 2015/08/03 21:57 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(2)

No title

こんにちは
結構グロいですよね・・・・・・
ハリウッド映画とかにない 邦画独特の雰囲気って
ありますよね
酷評も多いですが結構楽しめました
[ 2015/08/09 09:04 ] [ 編集 ]

Re: No title

カズさんへ★確かに酷評が多いみたいですね、
人喰い巨人のキャラクターは世界に通用するレベルだと思いました。
色々なキモいキャラの巨人にはゾッとしましたよ。
ただ内容がチョット退屈な所がありましたね・・。
[ 2015/08/10 22:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する