上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オキュラス/怨霊鏡 (2013年)

オキュラス
【原題】OCULUS
【制作国】アメリカ
【収録時間】103分
【監督・脚本】マイク・フラナガン
【制作】トレヴァ・メイシー
    マーク・D・エヴァンス
【脚本】ジェフ・ハワード
【音楽】ザ・ニュートン・ブラザーズ
【出演】カレン・ギラン(ケイリー)
    ブレントン・スウェイツ(ティム)
    ケイティ・サッコフ(母マリー)
    ロリー・コクレイン(父アラン)


内容


新居に引っ越した4人家族がアンティークの鏡を購入

鏡を父親の仕事部屋に飾っていたところ、

徐々に両親の様子がおかしくなり、

父親が狂った妻を部屋に監禁し殺害。

姉のケイリーが父親に殺されそうになった所を

弟のティムが父親を銃で殺害し警察に逮捕されてしまいました。

事件から10年後にティムが精神療養所から退院する事になり

久しぶりに姉のケイリーと再会。

10年前に家にあった呪われたラッサーの鏡を

姉が競売後に修復すると嘘をついて入手し、

2人で実家まで運び込み、沢山の機材を準備した部屋の中で

鏡に魔力があるのか?実験して証明しようとするのですが・・。


感想


鏡から幽霊が出てきて襲われるような話かと予想していましたが

鏡を購入し亡くなった人々の亡霊が現れるだけで、

上の内容にも書きましたけど、

霊に憑依されて、幻覚を見るようになってしまい

別人のようになってしまうような感じでした。

この作品は現在の話と10年前の子供の頃の話が

同時進行するので、場面がコロコロ変わるし

幻覚シーンが多いので頭が混乱ました。( ̄ω ̄;)

霊に取り憑かれて徐々におかしくなってしまう過程は

結構怖くて面白かったので、

子供時代だけの話にした方が単純で良かったかも知れません。


オススメ度】 









スポンサーサイト
[ 2015/06/06 22:17 ] † ホラー映画 【2013年】 | TB(-) | CM(2)

No title

現代になったり過去になったり、コロコロ変わるので見ていて混乱。だからか、内容も何だか途中で訳が分らなくなってきた。
幼少時代~現代に、時間経過してもらったら内容がはっきりと分って、更に感情移入ができと思う。

結局、鏡の魔力は何だったのかな。イマイチはっきりとしない映画だった。
[ 2015/06/12 15:26 ] [ 編集 ]

Re: No title

マルさん今晩は!やはり混乱しましたか・・。
コロコロ時代が変わりすぎますよね。
同時進行でない方が良かったと私も思います。
鏡は何で呪われているのか?理由が描かれていた方が納得出来たでしょうね。
[ 2015/06/14 21:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する