上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

悪魔が棲む家666 (2014年)

悪魔が棲む家666
【原題】DEVILS HAND
【制作国】アメリカ
【収録時間】86分
【監督】クリスチャン・E・クリスチャンセン
【出演】アリシア・デブナム・キャリー(メアリー)
    ジェニファー・カーペンター(義母レベッカ)
    ルーファス・シーウェル(父ジェイコブ)
    トーマス・マクドネル(トレバー)
    コルム・ミーニイ(ビーコン長老)


内容&感想


悪魔が棲みつく家に引っ越して来た家族の話かと

思って観たのですが全然違っていました。(o´_`o)ハァ・・・

ニューベツレヘムというアーミッシュの宗教共同体で

6月6日に6人の女の子が生まれ、

18歳の誕生日に、その中の1人が悪魔に取り憑かれる

ドロメルキンドになると云われていました。

18歳の誕生日が近付いた頃、謎の殺人鬼が現れ

次々と殺されてゆく話です。

ラストはオカルトホラーという感じでしたが、

上にも書いた通り、

殺人鬼系のホラー映画っぽい展開でした。

狂信者たちの迷信なのか?

それとも本当に18歳になった瞬間に悪魔に取り憑かれるのか?

最後に明らかになります。

ホラー映画としてはイマイチに思えました。

もっと怖いシーンがあれば良かったです。


オススメ度】 

スポンサーサイト
[ 2015/05/16 22:20 ] † ホラー映画 【2014年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する