上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スウィング・オブ・ザ・デッド (2012年)

スウィング・オブ・ザ・デッド
【原題】THE BATTERY
【制作国】アメリカ
【収録時間】100分
【監督・制作・脚本】ジェレミー・ガードナー
【撮影】クリスチャン・ステラ
【音楽】ライアン・ウィンフォード
【出演】ジェレミー・ガードナー(ベン)
    アダム・クロンハイム(ミッキー)
    アラナ・オブライエン(アニー)
    ラリー・フェセンデン(フランク)
    ニルス・ボール(ジェリー)



内容&感想


人類の殆どがゾンビになってしまった世界で

ゾンビと闘いながら行くあての無い旅を続けている

元野球選手の2人の男性のロードムービーです。

彼らはチームメイトでしたが仲は良く無いらしく性格が全然違い、

ベンはワイルドな性格でミッキーは女々しい感じの性格でした。

この作品は殆どが2人芝居で

行く先々でゾンビを倒し、また移動の繰り返しでした。

彼らの他に3人の生存者が登場しましたが

少しだけの出演でした。

ロードムービーは好きですけど、退屈に感じました。

全体的にノンビリした感じで緊張感に欠けるからかな。

ゾンビの動きが遅く、特にグロいシーンも無いので

「ショーン・オブ・ザ・デッド」みたいな内容を期待して観ると

ガッカリするかも。

数々の賞を取り、ゾンビ映画ファンの方々に高評価のようですが

私にはイマイチに思えました。(;^_^A アセアセ・・・


オススメ度】 



スポンサーサイト
[ 2015/03/12 21:27 ] § ゾンビ映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する