上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MOTHER マザー (2014年)

マザー
【収録時間】85分
【監督・原案・脚本】楳図かずお
【制作】高橋敏弘
【脚本】継田淳
【音楽】中川孝
【出演】片岡愛之助(楳図かずお)
    楳図イチエ(真行寺君枝)
    舞羽美海(若草さくら)
    諏訪太朗(谷川)
    佐伯大輔(楳図ミツグ)



感想


私は楳図かずおさんのホラー漫画のファンですけど、

映画の方は正直あまり期待していませんでした。(;^_^A アセアセ・・・

しかし、流石ホラー漫画界の巨匠が作られたとあって

完成度の高さに驚きました。

緻密な脚本と工夫されたシーンの数々・・。

ここ最近、ホラーゲームを映画化した作品を見て来ましたが

内容が薄く、怖いキャラクターが登場しても

私には全然怖いとは思えませんでした。

この作品は楳図かずおさんの自叙伝をアレンジした内容で

多分殆どがフィクションだと思いますけど

本当のような話にも思え、恐ろしかったです!

どこが恐ろしかったかと言うと、

死ぬ前に母が夢の中で言っていた言葉が現実になる所です。

心霊写真のシーンがゾッとして良かったです♪

POVを少し取り入れたシーンも流石だと思いました。

楳図さんは、77歳にして初監督をされたそうですが

1本で終わるのは惜しいと思います。

また是非、ホラー映画を制作して欲しいです。


内容


新人の編集者(若草さくら)の企画で、大ファンだという

漫画家の楳図かずお先生の生い立ちを本にする事に。

独特な感性は何に由来されているのか?を突き止める為に

楳図の自宅に取材に訪れ、話を伺うと

生後7カ月の頃に母に絵を教わり、父親には

怖い話をよく聞かせてもらっていたと言います。

楳図の母は夫が亡くなった後、

弟のミツグの家で暮らしていましたが上手くいかず

かずおの家で暮らした事もありましたが

仕事が忙しいため、相手をする事が出来ず

晩年は1人寂しく暮らしていました。

かずおの仕事が一段落した頃に倒れ病院に入院していました。

入院中に母親は「自分の葬儀に出席した。イギリスの女王が来ていた」とか

「親戚や弟に挨拶回りに行って来た」などと奇妙な事を言い、

亡くなる直前には「化粧をして欲しい」とかずおに頼み

「次はお前(かずお)の家に行く」と言って息を引き取り、

手には誰の物か分からない長い黒髪が握られていました。

奇妙な事に葬儀の時、弔問客がイギリスの女王が表紙に載っている

雑誌を持っていた事が分かりました。


編集者のさくらは、楳図の創作の原点は母が深く関わっていると感じ、

母の実家がある高野山に独りで取材に向かうのですが・・。


オススメ度】 









スポンサーサイト
[ 2015/02/27 22:34 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する