上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エスケイプ・フロム・トゥモロー (2013年)

エスケイプ・フロム・トゥモロー
【制作国】アメリカ
【収録時間】90分
【監督・脚本】ランディ・ムーア
【撮影】ルーカス・リー・グレアム
【出演】ロイ・エイブラムソン(ジム)
    エレナ・シューバー(エミリー)
    ジャック・ダルトン(エリオット)
    カテリン・ロドリゲス(サラ)



内容&感想


ディズニー・ワールドに泊まり込みで

遊びにやって来た家族4人。

到着早々に父親のジムの元に会社から

解雇の連絡が入り、家族に言えぬまま

ディズニー・ワールドで過ごす事になったのですが

現実か幻想なのか?色々な出来事が起きる話です。


この作品は現代の話ですが映像はモノクロでした。

DVDのジャケットが気になって観たのですが、

ホラー映画らしくない内容でした。

例えば、最初に乗った電車で見かけたフランス人の少女2人を

父親が不思議と追いかけてしまうとか・・・

大きな宝石のネックレスを付けた夫人と

子供を通じて出会い

妻と別行動している間にホテルで浮気をしたり・・・

猫インフルエンザに感染し、口から毛を吐き出したり・・・。

イッツ・ア・スモールワールドの人形の顔が

悪魔のように変化して見えたり・・・など。


一般家族がよく在りがちなテーマパークでの出来事に

幻覚のような話をプラスしたような感じで

驚きやグロさを期待するとガッカリすると思います。

これだけのロケをしておきながら、実は無許可だったそうで

その事実の方が驚きました。(;^_^A

私は不思議系の話が好きなので、それ程つまらなくは無かったけれど

ホラー映画としてはイマイチでした。


オススメ度】 











スポンサーサイト
[ 2015/02/24 21:35 ] † ホラー映画 【2013年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する