上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

復讐鬼 マイ・ジャスティス (2010年)

復讐鬼
【原題】THE TORTURED
【制作国】アメリカ
【収録時間】82分
【監督】ロバート・リーバーマン
【脚本】マレク・ポシヴァル
【出演】エリカ・クリステンセン(エリーゼ)
    ジェシー・メトカーフ(クレイグ)
    ビル・モーズリー(ジョン・コズロースキー)
    トーマス・グリーンウッド(ベンジャミン)


内容


自宅の庭で遊ばせていた6歳の息子ベンジャミンが

父親が目を離した隙に車で連れ去られてしまい、

その後、犯人の自宅から遺体で発見され

裁判になったのですが

判決が終身刑では無く禁固25年という軽い刑でした。

判決に納得がいかない夫婦は護送中の犯人を拉致監禁して

息子の復讐として拷問をするのですが・・・。


感想


DVDのジャケットに「SAWのプロデューサーが放つ衝撃スリラー」と

書かれていたので、かなり過激な拷問シーンがあるのかと

期待して観ましたが、大した事はありませんでした。(;^_^A アセアセ・・・

殺された父親は医師をしており、盗んできた薬剤を注射したり

皮膚を焼く、足の骨をジワジワと潰すとか・・。

私の予想していた拷問は手足をチェーンソーで切断したり

耳を切り落とし、皮膚を剥がすなど・・・ かなり残酷ですけど、

ホラー映画なら、そこまでやらないと。

過激さはイマイチでしたが、

短い作品なので話の展開が早くて最後まで退屈する事なく観れました。

でも最後にはオチがありました。

私的に納得がいかないオチだったのでガッカリしました。


オススメ度】 




スポンサーサイト
[ 2015/01/28 21:42 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する