上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ストレイジ・ナンバー・サーティーン (2014年)

ストレイジ・ナンバー・サーティーン
【原題】THE 13TH UNIT
【制作国】アメリカ
【収録時間】83分
【監督・脚本】テオフィル・レイシー
【出演】ジョン・アレン・フィリップス(トッド)
    ランス・アーロン(グレッグ)
    ロビー・デイモンド(マイケル)
    エイダン・ブリストウ(フロイド)


内容&感想


70数年前に複数の人間が惨殺死体で発見され

犯人が未だに逮捕されていない曰くつきの

地下巨大倉庫へ深夜に訪れた7人の男女が

謎の魔獣に襲われ次々と殺されてしまう話です。

登場人物は・・・。

地下9階から通路を通って博物館から魔石を盗みに来た男女3人、

倉庫に荷物を運びにやって来た男2人、

倉庫の中に入れてある物を取り出しにやって来た女2人、です。

彼らは無事に倉庫から逃げられるのでしょうか?

この作品は悪魔に関係した内容になっており、

床には悪魔を呼び出すための文字が書かれていたり、

襲われた人間が悪魔のしもべのようになって

この倉庫に誘い込みます。

その人間は見た目が変わりませんが耳から下水のような

臭い液体が流れ出ています。

怪物に襲われて逃げる映画は結構観ていてハラハラして

楽しいですけど、この作品は怪物の姿をハッキリ見せないし

殺されるシーンも引きずられて食べられたような音だけで

死体もバラバラにされず、グロいシーンは殆ど無いので

ホラー映画としては面白くありませんでした。(;^_^A


オススメ度】 



スポンサーサイト
[ 2014/12/24 22:59 ] † ホラー映画 【2014年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する