ミック・テイラー 史上最強の追跡者 (2013年)

ミック・テイラー
【原題】WOLF CREEK2
【制作国】オーストラリア
【収録時間】106分
【監督・脚本】グレッグ・マクリーン「ウルフクリーク猟奇殺人谷(05)監督」
【出演】ジョン・ジャラット(ミック・テイラー)
    ライアン・コール(ポール)
    シャノン・アシュリン(カタリーナ)
    フィリップ・クラウス(ルトガー)


内容&感想



何も知らずに観たのですが、この作品は「ウルフクリーク 猟奇殺人谷」の続編でした。

原題で売り出した方がホラー映画ファンには分かりやすくて良いのになと思いました。

前作ではイギリス人女性2人とオーストラリア人男性1人のバックパッカーが

オーストラリアを車で旅行中にウルフクリークと呼ばれる世界最大のクレーターに立ち寄り

陽が暮れてしまい、そこへトラックに乗っている親切なオジサン(ミック)が現れ

家に連れて行かれて酷い目に遭ってしまう話でした。


今回の話はドイツ人のカップルのバックパッカーがウルフクリークを旅行中に

国立公園の敷地内でテントを張って寝ていた所にミックが現れ、

大変な事態になってゆく話です。

その前のオープニングではパトカーに乗った警官2人が

とんでもない目に遭います。( ̄ω ̄;)

前作は話の展開がよく在りがちな感じだったので面白さは、まあまあでしたが

今回の作品はR18にした方が良い感じの過激さで、(R15作品です)

久しぶりにスゴイ映画を観てしまったなと言う感じでした。(;^_^A アセアセ・・・

頭を銃で撃たれ吹っ飛ばされたり、

ナイフで首を切り落とされたりする過激なシーンがあります。

今回は前作と比べると話の内容が面白く、

先の読めない展開で、ハラハラして良かったです♪

オーストラリアは治安が良いイメージがあるけど、

実際に起きた事件を基に作られている所が恐ろしいですね、

私の考えでは外国人が観光に来てくれると、

経済効果が上がって良いかと思っていましたが、

観光地に外国人が来て荒される事を不快に思っている

現地人がいるんですね。

殺人鬼ミックの行動は外国人嫌いの度が過ぎていますけど、

猟奇殺人をするような現地人もいる事を

頭の片隅に入れて旅をした方が良さそうですね。


オススメ度】 
※久しぶりの満点ですが、あくまでホラー映画としてのオススメ度です。
  高評価だと人間性を疑われそうな内容でした。




























スポンサーサイト
[ 2014/12/09 22:35 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する