上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神さまの言うとおり (2014年)

神さまの言うとおり
【収録時間】118分
【監督】三池崇史
【制作】市川南
【原作】金城宗幸「神さまの言うとおり」講談社少年マガジンコミックス
【脚本】八津弘幸
【出演】福士蒼汰(高畑瞬)
     神木隆之介(天谷武)
     山崎紘菜(秋元いちか)
     染谷将太(サタケ)
     大森南朋(タクミ)
     リリー・フランキー(長髪のホームレス)



内容&感想


高校生の高畑瞬(福士蒼汰)は退屈な日常にうんざりしていました。

ある日の授業中に突然、教師が殺され代わりに喋るダルマが現れ

死を賭けたダルマさんごっこが開始されました。

ダルマが正面を向いた時に動いてしまうと、

頭が吹っ飛んで血の色のビー玉が転がりました。

制限時間内にダルマの後ろのボタンを押さないとゲームオーバーに!

次々とクラスメイトが死んで行くなか、瞬は何とか生き延び

教室から出ると幼馴染のいちかと出会い

校舎から逃げ出そうとするのですが外に出れず

携帯電話も圏外になっていて使えませんでした。

体育館に入った2人は他のクラスの生存者たちと

巨大なまねき猫の死を賭けたゲームに参加するのですが・・。


世界中の高校で何かのテロ?による

死を賭けたゲームが行われ、生き延びた生徒たちは

キューブ状の空に浮かぶ城に監禁され

再びゲームが行われ最終的に生き延びた生徒が

「神の子」として生還するような内容でした。

アニメオタクで引きこもりの男(大森南朋)が事件に関係しているのか?

ホームレスの男(リリー・フランキー)は神様なのか?

結局、何が何だか分かりませんでした。(;^_^A アセアセ・・・

でもゲームが面白かったので飽きずに観れました。

ゲームはしりとりになっていました。

ダルマ→まねき猫→コケシ→白クマ→マトリョーシカ

私が一番面白かったのは、まねき猫でした。

巨大なまねき猫は人間を食べたり、潰したりして恐ろしいのですが、

「背中が痒い~の」という声が可愛くて、

背中を掻いてあげると本当の猫のように気持ちが良さそうな表情をします。

声優さんは元AKB48の前田敦子さんでした。

かごめかごめゲームのコケシの声はダチョウ倶楽部さんで

白クマの声は俳優の山崎努さんだそうです。

私は人類滅亡みたいな話かと予想していたのですが

高校生だけが理不尽な死のゲームに参加させられるだけの話だったので

最後は意味が分からず何かイマイチに思えました。


オススメ度】 










スポンサーサイト
[ 2014/11/24 22:02 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(2)

最後まで気になったのはどうしてこんなことに?
神木隆之介くんの演じるキャラのえげつなさもなかなかでしたね・・・・
[ 2014/12/07 18:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

カズさん今晩は!映画を観に行かれたのですね♪
話が唐突に始まりましたからね、なんでいきなりダルマ?みたいな感じでした。
細かい事は考えないで観る映画でしたね。
神木君は子役時代は真面目な役が多かったので、今回は意外な感じでした。
大人になったなと思いました。
[ 2014/12/09 22:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する