上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウルフ・タウン (2011年)

ウルフ・タウン
【原題】WOLF TOWN
【制作国】アメリカ
【収録時間】90分
【監督】ジョン・レベル
【脚本】ポール・ハート=ウィルデン
    アサビ・リー
【出演】アリシア・ジグラー(ジェス)
    レヴィ・フィーラー(カイル)
    マックス・アドラー(ベン)
    ジョシュ・ケリー(ロブ)


内容


大学生のカイルは親友のベンに協力してもらい

片思いの女性ジェスを誘い3人で「天国」と呼ばれている

廃金鉱に出掛ける事に。

しかし、ジェスにはロブと言う恋人が居る事が分かり

結局4人で向かう事になりました。

この金鉱は僅か1年で廃墟になってしまったと言います。

到着後、3人は先に金鉱の見物に向かい

カイルは少し遅れて車から降りると

1匹の狼が近くに現れました。

狼はカイルを襲う事なく離れて行きましたが

遠吠えで仲間を呼んでしまうのでした。

先に行った3人に狼の事を話しましたが信じてもらえず

今度は少し離れた場所にあるゴーストタウンに向かう事に。

そこで彼らは狼に囲まれてしまうのでした・・。


感想


狼はCGではなく本物が登場しました。

どの狼も肉付きが良いので私がイメージするような

飢えた狼には見えず迫力不足に思えました。(;^_^A

廃鉱町が僅か1年で滅びたのは狼の仕業と言う事なのですが

銃やダイナマイトがあるのだから狼を駆除出来るだろうと

思ってしまったのは私だけでしょうか?

つまらなくは無かったけれど、もっと恐怖感を出して欲しかったです。


オススメ度】 





スポンサーサイト
[ 2014/08/07 21:57 ] † ホラー映画 【2011年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する