上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホドロフスキーのサイコマジック・ストーリー (2013年)

サイコマジック・ストーリー
【原題】RITUAL A PSYCHO MAGIC STORY
【制作国】イタリア
【収録時間】96分
【監督・制作・脚本】ジュリア・ブラッツァーレ
            ルカ・インメージ
【原作】アレハンドロ・ホドロフスキー
【音楽】ミケーレ・メニーニ
【出演】デジレ・ジョルゲッティ(リア)
    イヴァン・フラネク(ヴィクトル)
    アンナ・ボナッソ(アガタ)
    アレハンドロ・ホドロフスキー(フェルナンド)


内容&感想


この作品の内容を短い文章で表現すると、

「傲慢な恋人に振り回された女の悲劇」の物語です。

恋人の男性は独占力が強く自分の思い通りにならないと気が済まない

自己中心的な考えの持ち主で

例えば、自分が美味しいと思っている食べ物を強引に食べさせようとしたり

妊娠した事を話すと「知り合いに処置してもらえばいい」などと

相手の考えを聞く事なく勝手に決めてしまいます。

主人公の女性はMなのか?

そんな酷い男と別れようとしません。

でも、次第に彼女は精神がおかしくなってゆきます。

ホドロフスキーさんの作品は摩訶不思議な世界観が好きで

話に引き込まれます。

「エルトポ」「ホーリーマウンテン」「サンタ・サングレ」しか観てませんが

どれも面白いです♪

今回は珍しく現代劇ですが、奇妙なキャラクターが出て来たりして

飽きずに観れました。

予告編は過激そうな感じに見えますが、

それ程、凄い内容ではないので安心して鑑賞してください。


オススメ度】 








スポンサーサイト
[ 2014/07/28 21:50 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する