上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武器人間 (2013年)

武器人間
【原題】FRANKENSTEIN'S ARMY
【制作国】オランダ/アメリカ
【収録時間】84分
【監督・原案・クリーチャー・デザイン】リチャード・ラフォースト
【制作】ダニエル・クーフート
    ニック・ヨンゲリウス
    グレッグ・ニューマン
    トッド・ブラウン
【原案・脚本】ミゲル・テハダ=フロレス
【出演】カレル・ローデン(ヴィクター・フランケンシュタイン)
    アレクサンダー・マーキュリー(ディミトリ)
    ジョシュア・ザッセ(セルゲイ)
    ルーク・ニューベリー(サシャ)


内容&感想


第二次世界大戦末期にナチスドイツの占領地帯に

ソ連軍の仲間を救出に向かった部隊が、

ある村の地下に作られたフランケンシュタイン博士の研究所で

死体に様々な機械を合体させた不死身の兵士に襲われてしまう話です。


この作品はモスクワ映画大卒のディミトリが偵察隊の功績を記録するために

撮影したという設定のPOV作品です。

話の内容は単純で良いなと思いましたが

私が期待する程、狂った内容では無かったです。(;^_^A アセアセ・・・

武器人間ですが、正式名称が分からないので

観たままを書いてみると、

鎌人間、ザリガニ風人間

DVDのジャケットになっている蚊人間、顔面プロペラ人間

顔面が開いたり閉じたりするロボット人間などが登場しました。

ユニークなキャラクターで良かったけれど武器人間弱すぎました。

中でも顔面プロペラ人間は顔面の横に付いているコードを

切断するとプロペラが止まってしまうという弱さでした。(笑)

私的にはPOVではなくて普通の映画にして

武器人間が人間を惨殺する見せ場を作った方が

ホラー映画として面白くなったかな?と思いました。

アイデアは面白いけどホラー映画ファンとしては

イマイチ物足りない感じの作品でした。


オススメ度】 







スポンサーサイト
[ 2014/07/10 21:59 ] † ホラー映画 【2013年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する