上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AAAH!ゾンビーズ!! 俺タチだって生きている (2007年)

AAAA!ZOMBIES!!.jpg
【原題】WASTING AWAY
【制作国】アメリカ
【収録時間】91分
【監督・脚本】マシュー・コーネン
【制作・脚本】ショーン・コーネン
【音楽】ザ・ニュートン・ブラザーズ
【出演】マシュー・デイヴィス(マイク)
    コルビー・フレンチ(ニック)
    マイケル・グラント・テリー(ティム)
    ベッツィ・バトラー(シンディ)


内容&感想


陸軍で新種の「超兵士」を作る人体実験を極秘に行ない失敗

事実を隠す為に薬剤をドラム缶に入れトラックで運搬

途中で事故を起こし、ドラム缶がボーリング場の裏口に転がり

漏れた薬剤が置いてあったソフトクリームの素に混入

マイクが遊びで作ったビールソフトを食べてしまった4人がゾンビに変化!

しかし彼らは自分たちがゾンビになってしまったとは気付かず

通りかかった元兵士の男ニックから自分たちは「超兵士」になったと聞かされ

普通の人間を感染者だと勘違いしてしまうのでした。

軍隊ははゾンビになった彼らを駆除しようとするのですが・・。


DVDのジャケットのイメージでは恋愛系のゾンビ映画だと思っていましたが

ゾンビになってしまった5人の友情を描いた内容でした。

この映画は今までにない斬新なアイデアのゾンビ映画で

画面が白黒とカラーにコロコロ切り替わります。

ゾンビになった者たちの目線はカラー画面で

自分たちの姿が今までと変わらぬ姿に見えますが

普通の人間が彼らを見る目線は白黒画面になります。

人間の話している声が早くて聞き取れなくなるので

電話が使えなくなってしまいます。

私が良いなと思えた場面は

ボーリング場で生首を使ってプレイするシーンです。

アダムスファミリーみたいに手だけが動く所も面白かったです♪

適度にグロい点は良かったけれど

話の展開が退屈で引き込まれる感じでは無く

人間の姿からゾンビのギャップのシーンで笑えた感じでした。


オススメ度】

スポンサーサイト
[ 2014/05/31 22:55 ] § ゾンビ映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する