上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナチス最強兵器アイアンウルフ (2013年)

アイアンウルフ
【原題】IRON WOLF
【制作国】ドイツ
【収録時間】93分
【監督・撮影】ダーヴィット・ブルックナー
【共同監督・制作】ジェンス・ニーアー
【脚本】マルコ・タイス、マルコ・ティース
【音楽】インゴ・ハウス
【出演】カロリナ・ラート(ジャージー)
    ウアス・レモント(ミュラー博士)
    ローラント・フライターク(レオン)
    ハネス・ゼル(トリガー)


内容&感想


65年前の戦時中に作られた生物兵器(アイアンウルフ)が

廃墟となった研究所に閉じ込められていたのですが

何も知らないパンクバンドのライブを行う為にやって来た若者たちが

閉ざされていたドアを開けてしまい大変な事態になってしまう話です。

生物兵器の「アイアンウルフ」は味方のナチス・ドイツ兵には襲わないので

ナチス兵のバッチが付いた制服を着ていれば大丈夫です。

登場人物が多く殺されるシーンもたくさんあるのですが

低予算の為か?残虐なシーンは控え目で迫力が無かったです。

殺害シーンは首を噛みつかれる事が多く、

首がもがれるシーンは影のみでした。

私は今まで色々な狼男モノを観ましたが、

この作品は一番酷いかな。(;^_^A アセアセ・・・

狼男の見た目はショボい着ぐるみだったし・・。

暗闇なら何とか見れましたが、ラストの戦うシーンは明るかったので

ナチスの制服を着たゆるキャラみたいでした。

安っぽい着ぐるみではなく生身の人間に毛を生やした方が怖く感じたと思います。

狼男に襲われると感染する設定だったので、

その部分をもっと生かせば面白くなったかな?と思いました。

エンドロールで流れたラストシーンが私的に一番良かったです。

過激な作品が多いドイツの映画なので期待しましたが残念でした。


オススメ度】



スポンサーサイト
[ 2014/05/18 22:14 ] † ホラー映画 【2013年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する