チェインド (2012年)

チェインド1
【原題】CHAINED
【制作国】カナダ
【収録時間】94分
【監督・脚本】ジェニファー・リンチ
【制作】デヴィッド・ビューロウ
    ロンダ・ベイカー
    リー・ネルソン
【脚本】ダミアン・オドネル
【音楽】クライマックス・ゴールデン・ツインズ
【出演】ヴィンセント・ドノフリオ(ボブ)
    エイモン・ファーレン(ティム/ラビット)
    エヴァン・バード(少年時代ティム)
    コナー・レスリー(アンジー)



内容&感想



連続殺人鬼のタクシーに乗ってしまった母と息子が

殺人鬼の家に連れて行かれ、母親が殺害されてしまい

9歳の少年ティムが監禁飼育される話です。

殺人鬼の家は周りに家が無く、車も殆ど通らないので

大声で助けを呼んでも無理な環境です。

殺人鬼のボブは昔、父親から酷い虐待を受けており

それがトラウマとなって度々悪夢にうなされています。

殺害する女性は売春婦が殆どで殺害した後は

家の床下にティムに穴を掘らせ埋めてしまいます。


チェインド


私は日頃から過激な殺人鬼映画を観ているせいか、

もっと残虐な内容なのかと予想していましたけど

監禁された少年への暴力シーンもあまり無いし

殺人鬼にしては優しい一面を見せたりします。

殺害シーンも死体をバラバラに切り刻むとか

そういう過激なシーンは無くて首をナイフで斬る程度でした。

なのでホラー映画としてはイマイチかも。

監禁モノが好きな私には楽しめましたが

少年が成長したにも関わらず何故反撃して逃げられないのか?

観ていてイライラしました。

この映画を観終えた後は多分、暗い気分になる事でしょう。


オススメ度】 




スポンサーサイト
[ 2014/05/04 22:15 ] † ホラー映画 【2012年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する