上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・ピラミッド デビルズ・パワー (2013年)

ザ・ピラミッド
【原題】THE PYRAMID
【制作国】イタリア
【収録時間】90分
【監督・脚本】アレックス・ヴィサニ
【音楽】ルーカ・トマッシー
【出演】フランシスコ・ロッシーニ(ジプシーの男)
    ラファエル・オットレンヒ(レオ)
    マウロ・セリーア(マックス)



感想


この作品は「ヘルレイザー」「エクソシスト」「ゾンビ」「ブレイド」を

混ぜたような内容になっています。

ピラミッドの形をした悪魔の鍵は「ヘルレイザー」に出て来た

パズルボックスと似ていましたが魔道士は登場しません。

ピラミッドの下の部分には■い穴が開いており3つの牙のようなモノが

付いています。

その牙で怪我をしてしまい血を舐めると悪魔に取り憑かれたようになり

自分の胸の中央に悪魔の鍵(ピラミッド)を刺したくなります。

刺すと悪魔のリーダーみたいになってゾンビのような仲間を増やします。

仲間を増やすには口から吐き出す黒い液体を相手に飲ませます。

悪魔は最終的に妊婦から誕生して世界を征服しようと企みます。

「ブレイド」の部分はゾンビハンターが最後の方に登場する所です。


予告編を観て面白そうだなと思いレンタルしたのですが、

予告編は面白そうな部分をまとめて編集しているので

実際に観た印象とは雰囲気が違うように思えました。

どこが違うかと言うと話のテンポが悪かった所です。

最初の30分くらいまでは良かったのですが、

ホラー漫画家のアレックスの手にピラミッドが渡る辺りから

何か退屈な感じになりました。

あと、意外と雰囲気も暗かったです。

面白そうな要素が沢山あるのに不思議とつまらなかったのが残念!

この作品には特に主人公がいないので

一貫する登場人物がいた方が良かったのでは?と思いました。

久しぶりに最後まで観るのはキツイ作品だと感じました。(;^_^A アセアセ・・・


内容


公園で開催されている『暗黒のアート展』の取材にやって来た

TVリポーターのレオは休憩中に路地裏の露天商から

ピラミッドのパズルのような置物を購入。

その置物は昔、悪魔崇拝者が悪魔を復活させるために作った物でした。

何も知らないレオはホテルに持ち帰ると、その日の夜に

同室者でカメラマンのマックスと共に異次元の世界で

体に取り憑いた悪魔から「幾多もの魂のいけにえを捧げて

鍵(ピラミッド)を作動させよ」と命令を受けるのでした。

ピラミッドの置物は、その後色々な人々の手に渡って行き

大変な事態になって行くのでした・・。


オススメ度】
 
スポンサーサイト
[ 2014/04/20 22:42 ] § ゾンビ映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する