フィンランド式残酷ショッピングツアー (2012年)

残酷ショッピングツアー
【原題】SHOPPING TOUR
【制作国】ロシア/フィンランド
【収録時間】70分
【監督・制作・脚本】ミハイル・ブラシンスキー
【出演】タチアナ・コルガノヴァ
    ティモフィー・イェレツキー
    サツウ・パーヴォラ


内容&感想


ロシア人の母と息子が1ヵ月前に夫を亡くした

悲しみから立ち直ろうと、フィンランド旅行の団体バスツアーに参加。

入国後、ショッピングツアーに出掛けると、

フィンランド人に喰われそうになってしまう話です。


この作品は息子が買ったばかりの携帯電話で

撮影しているという設定のPOVです。

私はPOVがあまり好きでは無いのでどうかな?と思いましたが

追いかけられるシーンなどは臨場感があって良かったです。

話の方は母と息子が、お互い自分勝手な感じで

喧嘩になる所が面白かったです。

人肉を食べる映画は、ゾンビや感染者モノが多いですけど

この作品は夏至前夜祭という伝統行事の話なので

噛みつかれて感染する事はありません。

今までにない設定が変わっていて良かったです。

感染者やゾンビだと見た目でおかしいと判断出来ますが

見た目が普通のフィンランド人が

まさか、そんな事をするなんてという衝撃がありました。

この作品を見た人の中にはフィンランド人が本当に

人喰い人種なのかと誤解されないのかな?(;^_^A

70分と短くまとめた所も良かったと思います。

私が今まで観た作品の中では残酷さは普通でしたが

まあまあ楽しめました


オススメ度】





スポンサーサイト
[ 2014/04/15 22:02 ] † ホラー映画 【2012年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する