デッドライン 境界線 (2012年)

デッドライン
【原題】A NIGHT IN THE WOODS
【制作国】イギリス
【収録時間】82分
【監督・脚本】リチャード・ペリー
【制作】ジェームズ・リチャードソン
    アラン・ニブロ「モンスターズ地球外生命体(10)制作」
【出演】アンナ・スケラーン(ケリー)
    スクート・マクナリー(ブロディ)
    アンドリュー・ハウレイ(レオ)



内容&感想



怖そうなDVDジャケットだったので鑑賞。

この作品は普通の映画ではなくて「ブレアウィッチプロジェクト」みたいな

POV作品でした。(知っていたらレンタルしなかったかも)

ブロディとケリーのカップルと、

いとこの男性レオの3人で森にキャンプに出掛けた所、

その森には罪人を捕まえる猟師がいて魔女が木に吊るされ処刑された伝説があり

足を踏み入れた3人は行方不明になってしまい

テープだけが発見されたと言う内容です。

開始から60分まではホラー映画らしくなく、

どうでも良いような映像ばかりで退屈でした。( ̄ω ̄;)

森の中から何かが襲いかかって来る話なのかな?と思っていましたが

そういう事は無く、仲間が突然森の中で行方不明になってしまい

捜索して見つかると別人のように凶暴になっていて

暗闇の森の中を追いかけられて逃げ回るような感じの話でした。

賛否両論だと思いますが

私は最後まで観るのがキツく感じられました。(;^_^A アセアセ・・・


オススメ度】 

スポンサーサイト
[ 2014/02/17 21:58 ] † ホラー映画 【2012年】 | TB(-) | CM(2)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/03/18 10:59 ] [ 編集 ]

Re: んー

スカイブルーさん、コメントを有難うございます。

やはり私と同様に最後まで観るのはキツかったですか・・。(;^_^A

最後にきっと何かある!と思いながら観ましたけど

呆気なく終わってしまいましたね。

[ 2014/03/19 23:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する