上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハロウィン・チェーンソー・キラービギニング (2012年)

ハロウィン・チェーンソーキラー
【原題】HAYRIDE
【制作国】アメリカ
【収録時間】93分
【監督・制作・脚本】テロン・R・パーソンズ
【出演】リチャード・タイソン(モーガン)
    シェリ・エイキン(アマンダ)
    ジェレミー・アイヴィ(スティーヴン)
    ジェレミー・サンド(コーリー)



感想


原題を読んでいただくと分かると思いますが映画「ハロウィン」とは無関係です。

でも刑事の名前がルーミスだったり、殺人鬼が刑務所に移送中に逃走する点が

ハロウィンと似ていました。

タイトル通り、チェーンソーで襲うシーンもありましたが

伝説の殺人鬼ピッチフォークの話なので

農業用の長い熊手や斧を使って襲うシーンの方が多かったです。

ハロウィンの日に毎年農場で開催している

肝試しヘイライドを行っている最中に本物の殺人鬼が現れ大変な事態になります。

トラックの荷台に乗っているシーンが

何となく「ファンハウス惨劇の館」ぽい雰囲気で良いなと思いましたが

その作品と同様で、話の展開がダルくて何か退屈でした。( ̄ω ̄;)

一番の見せどころの殺害シーンも夜なのでよく見えないし

全体的に盛り上がりに欠けていました。

最後の展開に捻りがあった所は良いなと思いましたが

面白くなる要素が沢山あったのに活かされていない惜しい作品でした。


内容


毎年ハロウインの日に農場を経営しているモーガンが

沢山の人々を招いて肝試しのヘイライドを開催

甥のスティーヴンは恋人のアマンダを誘って参加する事になりました。

その頃、農場の近辺で大量殺人犯のマルコム・ガフィンがパトカーで

刑務所に移送中に逃走!警察が捜査を開始していました。

この農場の近くでは昔、農場を経営していたR・W・レイボーンが

最愛の娘が恋人と駆け落ちした事で正気を失い妻を殺害

その後、娘の行方を探しながら無差別殺人を犯し

未だに逮捕されず実在するという伝説がありました。

レイボーンは農夫だった事から

ピッチフォークと呼ばれ恐れられていました。

ヘイライドが開催されている最中に麻の布袋を被った

ピッチフォークが現れ、大変な事態になるのでした・・。


オススメ度】 









スポンサーサイト
[ 2014/02/04 21:56 ] † ホラー映画 【2012年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する