上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

死霊の囁き (2008年)

死霊の囁き
【原題】REVERB
【制作国】イギリス
【収録時間】84分
【監督・脚本】エイタン・アルーシ
【制作総指揮】ロバート・ビーヴァン
       キース・ヘイリー
       クリス・アトキンズ
【音楽】ジェームズ・エドワード・バーカー
    ティム・デスピック
【出演】レオ・グレゴリー(アレックス)
    エヴァ・バーシッスル(マディー)
    パメラ・バンクス(マーク・グリフィン)
    ルーク・デ・ウルフソン(ダン)
    マルゴ・スティリー(ニッキー)


感想


恐ろしそうなDVDジャケットにつられて鑑賞しましたが

残念ながら全然怖く無くてガッカリしました。(;^_^A アセアセ・・・

悪魔崇拝者?のような音楽家がレコーディングスタジオの地下で

悪魔の生贄を捧げる為なのか?人間を殺害した後に自殺。

彼が遺した音楽には、殺された人間の助けを求める叫び声が

潜んでおり、それを聴いた者は霊が憑依したかのように

おかしくなってしまいます。

音楽を完成させる事によって自殺した男が復活するらしいけれど

そこまで話は進みません。

何故、怖く感じなかったのかと考えると

幽霊が出現したり、ポルターガイスト現象が起きる事も無く

ただ、霊たちの叫び声が聞こえるだけの退屈なシーンが多かったからです。

登場人物を増やして、次々と霊に憑依されて

大殺戮が行われた方がホラー映画として面白くなったかも?

退屈すぎて久しぶりに途中から2倍速で観ました。


内容


恋人に振られ、バンドも解散して落ち込んでいた

アレックスは新曲が完成すればコンビネーション・アルバムに

収録させてもらえる事になり、

マディーは知り合いが勤めているレコーディングスタジオを

特別に泊り込みで借りてあげる事に。

休憩中にラジオの音楽を聴いていたアレックスは

流れている曲が気に入りダウンロード。

その曲を調べるとマーク・グリフィンが作った曲だと分かりました。

グリフィンはこのスタジオの地下で自殺しており

彼の作った曲の中には助けを求める霊の声が潜んでいたのでした・・。



オススメ度】 










スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する