中東の旅話④

【旅行5日目 イスラエルにて】

皆様は元旦の朝は何をしていたでしょうか?

初日の出を見に行ったり、それとものんびり寝ていたかな?

私は早朝7時からエルサレムの神殿の丘の入口にある

糞門の手荷物検査場の前で並んでいました。

ここはイスラム教徒地区、キリスト教徒地区、

ユダヤ教徒地区、アルメニア人地区に分かれており

城壁で囲まれています。

8つの門から出入り出来るそうなのですが

外国人はこの門からしか入る事が出来ないようです。

前日にここへやって来たツアー客が2時間待ったのに

混んでいて中に入る事が出来なかった事から時間を早めて待つ事になりました。

私たちのツアーは前から2番目に並んでいました。

1時間近く並びゲートが開いたのですが、横入りが多くて

いつの間にか後ろの団体が私たちの横に来て並んでいました。

そんな大混雑の中、やっと検査場の建物の階段に辿り着いた時、

突然、不審物が発見されたと大騒ぎになり閉鎖されてしまったのです!

中には同じツアー客が9人入っていて離ればなれになり

添乗員さんもパニックに!Σ(・ω・ノ)ノ!

怖い警備員が後ろに下がれ!と大声で怒鳴り始め

それでも動かなかったらヘルメットを着けた武装した警官が現れ

さすがにヤバイ雰囲気になって来たので後ろに下がって待つ事になりました。

それから30分くらいして再びゲートが開いたのですが

私たちよりも後ろにいた団体客が前に押し寄せて来て大変な事態になり、

添乗員さんが「私たちが先頭だったのよ!」と説明して

ようやく先に入れてもらえる事になりました。

その騒動で2時間くらいかかり疲れてしまいました。(o´_`o)ハァ・・・

ちなみに翌日のツアー客の方々は私たちの不審物騒動を聞いて

神殿の丘の観光には来ない事が決まったそうです。

でも、この神殿の丘の入り口から入れないと

岩のドームが近くで見られず

2014_0101_074147-P1020921.jpg

イエス・キリストが十字架を背負って処刑地まで歩いた

悲しみの道(ビアドロ・ローサ)をたどる事が出来ないのです。

イエスの墓がある聖墳墓教会もありました。

2014_0101_091158-P1020937.jpg

色々な国の教会に入りましたけど、これ程暗い教会は初めてで

イエスの悲しみが伝わってくるような感じがしました。

最後にはユダヤ教徒地区にある「嘆きの壁」へ行きました。

2014_0101_125414-P1020961.jpg

ここは男女別々に分かれ壁に向かって祈りを捧げます。(男性は必ず帽子着用)

紙に書いた願いを壁の溝に差し込むと叶うらしいです。


聖母マリア永眠教会の木製マリア像

2014_0101_120050-P1020956.jpg

私はキリスト教徒ではありませんが、教徒の人がここに来たら

きっと感激するでしょうね。

午後からはパレスチナ自治区の中にあるベツレヘムへ行きました。

パレスチナ自治区は、まるで刑務所のような高い塀に囲まれ

入口には監視塔があり物騒な雰囲気でした。

ここにはイエスが生まれた場所の聖誕教会があります。

2014_0101_135711-P1020969.jpg

教会の内部を撮影した写真ですが、

中央のシャンデリアの横に光の玉オーブが写っていました見えるかな?

2014_0101_141530-P1020973.jpg

そんな感じで元旦は多宗教の教会を巡り

どこが、どの教会なのか?写真を見て混乱する私なのでした。(;^_^A アセアセ・・・

(つづく)











スポンサーサイト
[ 2014/01/08 22:16 ] ● 旅の記録 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する