上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高速ばぁば (2012年)

高速ばあば
【制作国】日本
【収録時間】71分
【監督・脚本】内藤瑛亮
【プロデューサー】一瀬隆重
【音楽】有田尚史
【特殊メイク】百武朋
【出演】未来穂香(アヤネ)
    北山詩織(ナナミ)
    後藤郁(マユコ)
    岡田義徳(ディレクター榎本信也)
    中村愛美(マネージャー望月千里)



感想


自動車を追い抜くスピードで走行する「ターボばあちゃん」と言う

都市伝説があるそうで、そのばあちゃんをモチーフに映画化。


闇老人施設に入所していた老人たちが経営者たちに虐待死され

その呪いの化身として「高速ばぁば」が誕生!

TV番組で廃墟になった老人ホームに肝試しに行った

アイドルとプロデューサーたちが次々と呪われてしまう話です。

呪われると、体に醜い傷が出来たり様子がおかしくなります。

グロテスクなシーンが結構多く色々と工夫されていました。

「高速ばぁば」は画面を横切るだけのシーンが多く

本格的に活躍するのは後半になってからです。

最後の方は登場人物が生きているのか?死んでしまったのか?

よく分からない感じだったのが残念に思えました。

つまらなくは無かったけれど、話の内容はイマイチかな。


あらすじ



3人のアイドルグループ「ジャージガール」は

センターのアヤネが一番人気がある事から

妬んだ他のメンバーが

洋服にホチキスの針を仕込み頬に怪我を負わせました。

TV番組で廃墟の老人ホームで肝試しを行う事になり

アヤネが単独で潜入することに。

一番奥の部屋に辿り着いた所で撮影が終了。

その撮影後、アヤネの体に異変が生じ始めるのでした・・。


オススメ度】 



スポンサーサイト
[ 2013/11/12 22:02 ] § 邦画ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する