上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地獄のデスプリズン (1986年)

地獄のデスプリズン
【原題】DEATH HOUSE
【制作国】アメリカ
【収録時間】95分
【監督】ジョン・サクソン
【制作】ニック・マリノ
【脚本】ウィリアム・セルビー
    デヴィッド・S・フリーマン
    ケイト・ウィッツコム
【音楽】チャック・シリノ
【出演】デニス・コール(デレク)
    アンソニー・フランシオサ(ヴィック・モレリ)
    ジョン・サクソン(バージェス)
    マイケル・パタキ(フランコ)



感想


マフィアのボスの車の運転手をしていた男が

ボスの愛人と浮気をしている事が発覚!

殺人犯の濡れ衣を着せられ刑務所に投獄され

そこで行われていた薬物実験で受刑者たちが

次々と凶暴化してしまう話です。

前半はホラー映画ではなくてアクション映画のような感じで

違う作品を間違えて観ているのかと心配になりましたが

中盤からゾンビ映画っぽくなりました。

でも私が期待していたよりも過激さがイマイチでした。(;^_^A アセアセ・・・

もっと残虐シーンに力を入れればホラー映画として面白く感じたかも。


あらすじ


ベトナム戦争のヒーローだったデレクは

マフィアのボスのヴィック・モレリの車の運転手として

働いていました。

モレリの愛人ジェネルと秘かに付き合うようになり

デスプリズン1

運転手を辞める決意をしていた矢先、

2人の関係がモレリにバレてしまい、

モレリはジェネルをバスルームで殺害

その死体をデレクの部屋に運び込み

デレクは殺人犯として逮捕されてしまいました。

死刑が執行されるタウンセンド州立刑務所に投獄されると

そこにはモレリの弟フランコがいました。

デスプリズン刑務所

CIAのバージェスはこの刑務所内でチェニー博士が

囚人を使って行動抑制プログラムの薬物実験をしている事を知り

死刑囚に研究段階の危険な薬物を使った実験をするよう依頼

デスプリズン6

博士は実験を拒否しましたが脅されて仕方なく協力することに。

ウイルスを注射した囚人は極度の興奮状態となり暴れ始め

デスプリズン4

感染が広がって行きました。

デレクは感染者に襲われた看守から牢屋の鍵を奪い脱出

人質を取ってここから逃げようと外に出ましたが

外には武装した兵士たちが待ち構えていました。

デスプリズン5

果たしてデレクたちは刑務所から脱出する事が出来るのでしょうか?


オススメ度】 



スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する