上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・パック 餌になる女 (2010年)

ザ・パック
【原題】LA MEUTE
【制作国】フランス/ベルギー
【収録時間】84分
【監督・脚本】フランク・リシャール
【制作】ヴェラーヌ・フレディアニ「屋敷女(07)制作」
    フランク・リビエール「屋敷女(07)制作」
【音楽】クリス・スペンサー
    アリ・ベンジャミン・マイヤーズ
【出演】ヨランド・モロー(ラ・スパック)
    エミリー・ドゥケンヌ(シャルロッテ)
    バンジャミン・ビオレ(マックス)
    フィリップ・ナオン(シナスキー)



感想



「屋敷女」の制作者が作られたというので期待して鑑賞♪

車で1人旅をしていた女性がヒッチハイカーの男性と一緒に

立ち寄った食堂で拉致監禁されてしまい

ゾンビのようなモンスターの餌にされてしまう話です。

こういう話の設定は大好きで、フレンチホラーも好きなのですが

話の内容が単純すぎて、期待したよりもイマイチでした。

何故なのかな?と考えると

餌になる人間が少ないからだと思います。(わずか2名)

被害者を増やして化け物に食べられるシーンが多かったら

もっと楽しめたと思います。

つまらなくはないけれど、「屋敷女」のような

過激な作品目当てに観られた方は多分がっかりすると思います。



あらすじ


※ネタバレ含みます


車で行くあてのない1人旅をしていたシャルロッテは

ヒッチハイクをしていた男性マックスを乗せてあげ

寂れた食堂に立ち寄り食事をしていました。

そこへバイクに乗った3人のチンピラが現れ

危機一髪!食堂の女主人に助けてもらいました。

チンピラが帰った後、

トイレに入ったマックスが行方不明に!

閉店後、シャルロッテは店に侵入しトイレの中を捜索

隠し扉を発見すると背後から何者かに殴られてしまい気絶

目を覚ますと檻の中に監禁されていました。

そこに食堂の女主人と行方不明になっていたマックスが現れました。

2人は親子でグルだったのです!

この部屋には他にも檻があり、

監禁されている人間がいました。

シャルロッテは無理矢理、液状の餌を飲まされた後、

夜になると血のニオイに誘われて地中から現れる

怪物の餌にされてしまうのでした・・。



オススメ度】 






スポンサーサイト
[ 2013/09/09 21:51 ] † ホラー映画 【2010年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する