デッドガール (2008年)

デッドガール
【制作国】アメリカ
【収録時間】102分
【監督・制作】マルセル・サーミェント
       ガディ・ハレル
【脚本】トレント・ハーガ
【音楽】ジョセフ・バウアー
【出演】シャイロー・フェルナンデス(リッキー)
    ノア・セガン(JT)
    キャンディス・アッコラ(ジョアン)
    ジェニー・スペイン(デッドガール)
    エリック・ポドナー(ウィーラー)



感想


以前から気になっていた作品がやっとDVD化されました♪

廃病院の地下室に拘束されている全裸の女を偶然見つけてしまった

2人の男子高校生の話です。

見つけた女は普通の女とは違います。

普通の女なら、ただの犯罪映画ですからね。(;^_^A アセアセ・・・

スタイルも良くて本当は多分キレイな人なのでしょうけど、

顔が怖かったです!

この女を2人はどう扱ってゆくのでしょうか?

あまり詳しく書き込むと面白くなくなりますので

興味がある方は是非御覧になってくださいね。


※デッドガールの正体や彼女が最後にどうなったのか?

結局、明らかにされませんでしたが

細かい部分は気にせず楽しみましょう



あらすじ


高校生のリッキーは初恋の相手ジョアンの事が今でも好きでしたが

ジョアンはアメフト部のジョニーと付き合っており

気分が落ち込んでいました。

ある日、友人のJTから授業をサボって閉鎖されている精神病院へ行って

ビールでも飲もうと誘われました。

病院内を大暴れした後にJTが肝試しをしようと提案。

地下室に降りてみると黒い犬が突然現れ追いかけられてしまい

逃げるうちに長い間、開けられていないようなドアを発見!

中に入ってみると、その奥には頭から透明なビニール袋を被された裸の女が

鎖に拘束されベッドに横たわっていました。

女の体を触り始めたJTを止めたリッキーは殴られ

1人で病院から自宅に帰宅

翌日、JTから恐るべき話を聞かされるのでした・・。


オススメ度】 
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する