上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女 (2013年)

ヘンゼルとグレーテル
【原題】HANSEL AND GRETEL
【制作国】アメリカ
【収録時間】90分
【監督】アンソニー・C・フェランテ
【制作】デヴィッド・マイケルラット
【脚本】ホセ・プレンデス
【音楽】アラン・ハワース
【出演】ディー・ウォレス(リリス)
    ステファニー・グレコ(グレーテル)
    ブレント・リディック(ヘンゼル)



感想


最近では「ヘンゼルとグレーテル」のブームなのか?

何作か制作されているようです。

この作品は童話というか完全にホラー映画でした。

主人公の兄妹の名前がヘンゼルとグレーテルという古風な名前で

食人一家に喰われそうになってしまう話です。

生きたまま窯に入れられ焼かれてしまったり

痛そうな血みどろシーンがいくつかあります。

なのでホラー映画ファン以外の人にはオススメ出来ません。

私的には予想以上に楽しめました。

リリス役のディー・ウォレスさんの怪演が見所です。



あらすじ


パン屋でバイトをしているグレーテルは閉店後に

店主のリリスさんから店を借り

父が交際中のルビーと結婚する事になったと報告を受けました。

住んでいる家を売り払い、ルビーと2人で船で旅に出ると言いだした父に

怒ったヘンゼルは店を飛び出し

森の奥に入って行ってしまいました。

後を追って行ったグレーテルは狩猟用の罠で足を怪我した

ヘンゼルを発見!

2人は森の中に建つ民家を発見し立ち寄ると

その家はパン屋の店主リリスさんの家でした。

リリスは隠し育てた野人のような2人の息子と暮らしており

拉致した若者たちを檻に入れて太らせ食べていたのでした・・。



オススメ度】 







スポンサーサイト
[ 2013/07/25 22:17 ] † ホラー映画 【2013年】 | TB(-) | CM(2)

予告だけで面白そうなの
伝わってきますねv-10
最近はレンタルしに行っても
見たいって思うものが無くて(>_<)
[ 2013/07/27 20:04 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さッとさん、今晩は!

タイトルだけだと全然興味が湧かないと思いますけど

予告編を見ると面白そう♪だと思えますよね。

私もそうでした。

私は手元に未見のDVDが沢山溜まっているので見たいけれども

時間が無くてなかなか見れません。(;^_^A アセアセ・・・
[ 2013/07/28 23:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する