上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゾンビ・ウォー101 (2010年)

ゾンビ・ウォー101
【原題】101 ZOMBIES
【制作国】アメリカ
【収録時間】81分
【監督・制作・脚本】ニーリー・ローソン
【特殊効果】ジャスティン・ページ
【出演】ティーグ・クィレン(ケン)
    トラヴィス・ムーディ(デイヴ)
    ブランドン・ジェンキンス(ブランドン)
    



あらすじ&感想


DVDジャケットのイカした車が気になり鑑賞♪

炭鉱の爆発が原因で旧兵器施設から化学薬品が川に流出

川の水を利用して作られた密造酒を飲んだ人たちが

ゾンビになってしまう話です。

似たような設定の作品では「キャビン・フィーバー」がありますが

恐怖度は「キャビン~」の方が全然上です。

この作品はコメディっぽい感じだけど、

何か雰囲気がイマイチ明るくなかったです。

多分、原因は音楽が全体的に暗いからかな?


ゾンビの特徴ですが・・・

感染力がとても早くわずか数秒でゾンビに変化し、

猛ダッシュして襲って来ます。

ゾンビに変化すると顔が別人のようになり

目が大きくて怖い独特な顔になります。

ゾンビを倒すシーンは予算の関係か?CGが多かったです。


このジャケットの車ですが、

実際には、もう少し凝った武装デザインでした。

車の先端に取り付けたゾンビの生首が素敵ですけど

車の走行シーンが私的にイマイチで、

私は普通に車が走ってゾンビを次々と引き殺すシーンが見たかったのに

何かゴチャゴチャした感じのCGが多い映像でした。


登場人物は・・・

狂った牧師や変態テレビマンなどの

変わったキャラクターは良かったけれど

主人公のケンの恋愛話がアッサリしすぎていて

ドラマの部分は正直面白いとは思えませんでした。


面白くなる要素が沢山あるけれど

上手く活かされてない所が残念です。

でも他の酷いゾンビ作品と比べたら、

全然まともな方なので是非どうそ!


オススメ度】 







スポンサーサイト
[ 2013/07/10 22:40 ] § ゾンビ映画 | TB(-) | CM(2)

No title

ティンクさん、こんばんわ。
コミカルなのか真剣なのか、イマイチ趣向が読めなかった。
ゾンビメイクが、いままでに無い斬新なメイクで良かったけど、ゾンビになったすぐの時の動きが普通の人間の動きだったのが残念だった。
全体的には、コミカル要素もありつつ楽しめた作品でした。
[ 2015/06/01 21:58 ] [ 編集 ]

Re: No title

マルさん今晩は!この作品、かなり前に観たので
あまり印象に残っていませんが、シリアスなのかコメディなのか
中途半端でしたね。
[ 2015/06/01 22:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する