上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・ハース 霊柩車 (1980年)

ザ・ハース
【原題】THE HEARSE
【制作国】アメリカ
【収録時間】97分
【監督】ジョージ・バワーズ
【制作】チャールズ・ラッセル
【原案・制作】マーク・テンサー
【脚本】ウィリアム・ブレイチ
【音楽】ウェブスター・ルイス
【出演】トリッシュ・ヴァン・ディーヴァー(ジェーン)
    デヴィッド・ゴートルー(トム・サリヴァン)
    ジョセフ・コットン(プリチャード)
    ペリー・ラング(ポール)



内容】


※ VHSで発売されていた時は「ザ・ハース/生贄の町」というタイトルでした。


母親の死と離婚で精神を患ったジェーンは静養のため

都会のサンフランシスコを離れ、

田舎町にある亡き叔母が所有していた屋敷で暮らす事に。

その屋敷(マーティン館)は幽霊が出ると町の住人たちから恐れられており

ジェーンも窓ガラスに映る亡き叔母を目撃したり怪奇現象に遭遇!

ある日の夜・・。

車を走行中に霊柩車を避けようとして車が故障してしまいました。

そこに通りかかったトムに家まで送ってもらい

以来2人は親密な関係に・・・。

家にあった叔母の日記を読んでいくうちに

叔母の身に起きた恐ろしい事件が明らかになるのでした。




感想】


話自体は、それほど怖く無いのですが

ピアノの音楽が不安感を煽り不気味なムード満点です。

夜になると霊柩車が主人公の周りに出没し

その運転手にも追いかけられたりします。

精神的に追い詰められる過程が面白かったです♪

私的に残念に思えた点は

殺されるシーンが非常に呆気なかった所です。

被害者が何か?を見て驚いて、

その後、死体が見つかる程度では

ホラー映画としては面白く無いです。

もっと工夫が欲しかったですね。

ラストは主人公の女性の強さに驚きました。


オススメ度】 










スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する