上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ギロチノイド (1979年)

ギロチノイド ジャケット
【原題】TERROR
【制作国】イギリス
【収録時間】85分
【監督】ノーマン・J・ウォーレン「悪魔の受胎(79)監督」
【制作】レス・ヤング
    リチャード・クラフター
【脚本】デヴィッド・マクギリヴレイ
【音楽】アイヴァー・スラニー
【出演】ジョン・ノーラン(ジェームズ)
    キャロリン・カレッジ(アン)
    サラ・ケラー(スージー)
    グリニス・バーバー(キャロル)



感想】

あまり面白くないと評判の作品ですが、

やはり面白くなかったです。(;^_^A アセアセ・・・

300年前に起きた魔女狩りで殺された女の復讐劇と言う設定は

良いと思いましたが、

なぜ復讐するまで300年もかかったのか?

血縁と無関係の人たちが何故殺されてしまうのか?

疑問点が色々ありました。

復讐する人間の数をもっと増やした方が良かったのでは?


※ ここから先ネタバレあり


この作品で一番の見どころは

ビデオのジャケットのギロチンシーンですけど

ギロチノイド 窓1

ギロチノイド19


この男性はこの前に撮影スタジオで多量のフィルムに巻きつかれ

襲われたりバスタブから炎が出るなどの派手な演出があります。

他にも見どころが色々ありました。


● 警察官が無人のパトカーに何度も轢かれて殺される

● 2階から転落しフェンスに突き刺さり死亡

● 乗っていた車が宙に浮きグルグル回転

● ガラスに襲われる ← この作品の特徴かも?
            ガラスコップを持っているだけで割れる


このようなシーンに興味がある方はDVD化されたら是非どうぞ!



内容】


映画プロデューサーをしているジェームズ・ゲリックは

300年前に祖先が魔女狩りをして

ギロチノイド 処刑



死んだはずの魔女が家に現れ

先祖が長剣で惨殺された話を映画化

ギロチノイド22


撮影に使われた自宅でパーティを開き友人が余興に

インチキ催眠術を披露

一週間前に会ったばかりのジェームズの唯一の親戚アンが

「自分にも催眠術をかけて欲しい」と言いだしました。

ギロチノイド 催眠術1

インチキだった催眠術なのに本当にかかってしまい

アンは撮影で使われた長剣でジェームズを殺しそうになり

皆に止められました。

自分の行動にショックを受けたアンは家から飛び出して行きました。

ギロチノイド 催眠術2

パーティ終了後・・。

1人で帰宅した女優のキャロルが何者かに刺され死亡

ギロチノイド13

アパートに戻ったアンが洗面所で手に付いた血を

洗い流しているのを同居しているスージーが目撃するのでした・・。

ギロチノイド15

ギロチノイド 洗面所



オススメ度】 




スポンサーサイト

ガラス恐怖症・・・

どんなホラーでもどんとこいなのですが・・・
ガラスが苦手でして・・・怪我したトラウマか・・・

とっても痛そうに感じます・・・ガラスに襲われる←これだけで怖いです・・・
[ 2013/05/13 21:24 ] [ 編集 ]

Re: ガラス恐怖症・・・

盆踊りさん、今晩は!

この作品ではガラスが嵐のように飛んで来たり

コップを持っただけで割れてしまうなどのシーンが多かったです。

役者さんも大変ですよね、ガラス恐怖症の盆踊りさんにはキツイ作品かも

知れませんね。
[ 2013/05/15 22:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する