上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

デッド・ファクトリー (2011年)

デッド・ファクトリー2
【原題】KENNEY VILLE
【制作国】カナダ
【収録時間】86分
【監督・制作・脚本】ブルックス・ハンター
【制作・脚本】ヴィンセント・ガルヴェズ
【音楽】ジェームズ・ジルコ・フィッシャー
【出演】ダニー・ゲーシャン(チャーリー/パトリック)
    ヴァネッサ・ブローズ(ケリー/メーガン)
    マイケル・スクラッチ(エイドリアン)
    ドラン・デイモン・オッケマ(ドノバン)
  


感想】  


オリジナルのジャケットは怖そうですが

日本の方は全然怖そうに思えません。

デッド・ファクトリー

どちらが本当の内容に近いかと言うと日本の方です。

女性が誘拐される話ですが血みどろな拷問シーンはなく

洗脳するために頭に注射される程度でした。

私立探偵とアシスタントの2人が高報酬目当てに

ケニービルという町で起きた女性誘拐事件を解決しようと考え

ヒッチハイカーのカップルを装い道路を歩いていると

怪しい兄妹に会い、彼らの家に誘われ御馳走になります。

その兄妹がいかにも普通じゃないのです!

妹のビクトリアは誰が見てもヤク中にしか見えません。

そんなヤバそうな兄妹の家に行くこと自体

在り得ないと思いました。(;^_^A アセアセ・・・

案の定、その家で誘拐されてしまいます。

私は私立探偵なのでわざと誘拐されるように装っていて

最後にアッと言わせる隠し玉のようなモノがあるのかと

思っていたら全然なくて、ただのマヌケな奴らでした。( ̄ω ̄;)

一般人から「正体不明の奴らと親しくするな!」と説教されてました。

探偵なんだからアシスタントの女性の身の安全のため

発信器くらい着ければ良いのにと思いました。

町ぐるみで誘拐に関わっていると言う設定は

怖くて良いなと思いましたが

上に書いたようにマヌケすぎる探偵が主人公と言うのが

何だかな~と思いました。

誘拐された女性の親族か恋人などが主人公の方が良かったかも。

男性の皆様は女性のお色気シーンは無いので期待しないように!



内容】

キムの誘拐事件の捜索が打ち切られた事から

私立探偵のパトリックとメーガンはチャーリーとケリーと言う

偽名を使い誰にも知られないよう捜査をする事に。

最後にキムが目撃された町ケニービルで車を乗り捨て

ヒッチハイカーのカップルを装い道路を歩いていると

道端にいたベンとビクトリアの兄妹に会いました。

「家で何か飲んで行ったら?」と誘われたので

暗くなるまで家で飲んでいるとビクトリアが

誘拐組織のマーシャルに連絡。

ケリーはマーシャルに捕まり科学者のエイドリアンから

洗脳手術を受け性奴隷として売られそうになるのですが・・。



オススメ度】 






スポンサーサイト
[ 2013/05/09 22:23 ] § サスペンス・スリラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する