上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[アパートメント:143] (2011年)

アパートメント143
【原題】EMERGO
【制作国】スペイン
【収録時間】80分
【監督】カルレス・トレンス
【制作・脚本】ロドリゴ・コルテス「[リミット](10)監督」
【出演】カイ・レノックス(アラン・ホワイト)
    ジーア・マンテーニャ(ケイトリン)
    マイケル・オキーフ(Dr、ヘルザー)
    フィオナ・グラスコット(エレン)
    リック・ゴンザレス(ポール)



内容】


小学校教師をしていたアランの妻シンシアが

亡くなってから数ヵ月後、家で怪奇現象が発生!

別のアパートに引っ越したものの

再び怪奇現象が起き始めた事から

精神科医のヘルザーが率いる

超心理学科学チームに調査を依頼

各部屋に監視カメラを設置し

様々な科学的機器で検証をするのですが・・。



感想】


家庭内のドラマが軸になっている

ドキュメンタリー・タッチの心霊モノです。

似たような作品を色々観て来ましたが

科学的な機器を一番多く使用しているかも。

ストロボ・スコープ、超音波発生装置

静電気発生装置、ファラデー箱など。

どうでも良いようなシーンは少なく

調査に没頭している所が良いなと思いました。


幽霊は調査中に一瞬映る程度でした。

ポルターガイストシーンが殆どで

演出が派手です。

特にラストはそこまでやるか!と言う感じでした。(;^_^A アセアセ・・・

映画「マニトウ」を思い出してしまいました。

怪奇現象シーンは面白いと思うけれど

派手すぎると逆に嘘っぽく見えてしまいますね。

驚かす為の効果音も要らないのでは?

最近沢山作られているPOVの心霊物の中では

良い方だと思いますが、

残念ながら怖さは、あまり感じませんでした。



オススメ度】 




スポンサーサイト
[ 2013/04/25 21:42 ] † ホラー映画 【2011年】 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する