上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネイバー 美しき変態隣人 (2009年)

ネイバー
【原題】NEIGHBOR
【制作国】アメリカ
【収録時間】90分
【監督・脚本】ロバート・A・マサイアントニオ
【音楽】カート・オールドマン
【出演】アメリカ・オリーヴォ(殺人狂の女)
    クリスチャン・キャンベル(ドン・カーペンター)
    ローレン・ルーニー(エリザベス・ヒッチコック)
    ピート・モダン(マイク・ホッダー)
    ミンク・ストール(ミセス・スプール)



感想】


DVDのジャケットの雰囲気では

ヴァンパイアの女の話なのかな?と思いましたが

殺人狂の女の話でした。

タイトルの「変態隣人」と言うのはチョット

内容とは違うなと思いました。


同じような狂った女が出て来る最近の作品には

ラブド・ワンズ」がありますけど

拷問の残酷度は、こちらの方が上でした。

殺人狂の女は通りすがりの家に侵入し

何の恨みもない人々を殺害して楽しみます。

拷問道具は色々あって

ノコギリで口を裂いたり、電動ドリルで脚に穴を開け

生きたミミズを入れようとする等

R18作品だけあって、かなり過激でした。(;^_^A アセアセ・・・

でも血糊の色が本物っぽく無かったです。


女は他人に情け容赦ない拷問をするくせに

自分は包丁で指を少し切っただけで大騒ぎします。

美人なので彼女が殺人鬼だなんて誰も思えない所が

怖い所だと思います。


この作品は2通りのエンディングがあるみたいな

変わった作りになっていて

途中から夢か現実か?よく分からなくなります。


内容は面白いかは別として

拷問系の作品が好きな方にオススメです

※ 過激な描写が多い為、一般的にはオススメ出来ません。



内容】


郊外の町で35人を殺害した凶悪犯の

ショーン・グレイシーが連邦刑務所から脱走したという

ニュースがTVで話題になっていた頃

殺人狂の美女が町に現れ、民家に侵入し

住人を惨殺していました。


バンド活動をしているドンは金曜日に

新曲のパーティを自宅で開く為

準備に追われていました。

そこへ頼んでいた女子大生のアシスタントが到着

しかし、その女は女子大生ではなく

殺人狂の女でした。

椅子に縛られたドンは

防音になっている自宅の地下室で

理不尽な拷問を受けるのでした・・・。



オススメ度】 





スポンサーサイト

ネイバー

おお、これはちょっと興味をそそられる作品ですね。美人のくせに殺人狂で、拷問も残酷だなんて。
ドリルで脚に穴を開けるとか、口をノコギリで裂くとか。う~む、tinkさんだと、この映画を上回るような拷問を考えちゃう気が致します(笑)エンディングが二通りあるような作りも面白そうでございます。見ちゃお♪
[ 2013/04/20 12:42 ] [ 編集 ]

Re: ネイバー

tamatoshi23さん、今晩は!
こんな美女がいたら誰でも善人に思えますよね。
拷問シーンは過激ですよ、本物らしくない特殊メイクが
救いだと思います。
そうそう、途中からどちらの話が本当?という感じで
最悪の展開になります。
[ 2013/04/20 22:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する