上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダーケストアワー 消滅 (2011年)

ダーケストアワー
【制作国】アメリカ
【収録時間】90分
【監督】クリス・ゴラック
【制作】ティムール・ベクマンベトフ「ナイト・ウォッチNOCHNOI DOZOR(04)監督」
    トム・ジェイコブソン「ミッション・トゥ。マーズ(00)制作」
【原案】レスリー・ボーエム
    M・T・アハーン
【脚本・原案】ジョン・スペイツ
【音楽】タイラー・ベイツ
【出演】エミール・ハーシュ(ショーン)
    オリヴィア・サールビー(ナタリー)
    レイチェル・テイラー(アン)
    マックス・ミンゲラ(ベン)



内容&感想】

アメリカ人のショーンとベンは自作のソフトウェアを

売り込みにロシアへやって来ましたが

仲間のスカイラーに裏切られてしまいました。

失意の2人はナイトクラブで酒を飲んでいると

2人のアメリカ人女性と知り合い

話をしていると突然停電に!

外に出てみると空にはオーロラのような

美しい光が広がっていました。

ダーケストアワー2

光は突然地上に降り注ぐと分裂し

透明な生命体が人間を次々と灰にしてしまうのでした・・。



ここ最近観てきたSF系映画の中では

ハラハラして一番面白かったです♪

透明な謎の生命体は人間の生体電磁波を感知すると

素早く追って来て、触れると一瞬で灰にします。

そのシーンは「ブレイド」に似ているなと思いました。

話の舞台がモスクワという所も良かったです。

本当にロケしたのかな?だとしたら凄いですよ。

美しい街並みなので行ってみたくなりました。

あまりパッとしないタイトルの作品ですけど

SF映画ファンなら観ないと損するかも。



オススメ度】 
















スポンサーサイト
[ 2013/02/22 21:56 ] § SF・パニック系ホラー映画 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する