上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラブド・ワンズ (2009年)

ラブド・ワンズ
【原題】THE LOVED ONES
【制作国】オーストラリア
【収録時間】84分
【監督・脚本】ショーン・バーン
【音楽】オリー・オルセン
【出演】ゼイヴィア・サミュエル(ブレント)
    ロビン・マクリーヴィー(ローラ)
    ヴィクトリア・セイン(ホリー)
    ジョン・ブランプトン(ダディ)



内容&感想】


プロムのダンスパーティーに誘ってみたけれど

男には恋人がいて振られてしまった女性が

父親と共謀して振った男を自宅に拉致監禁し

拷問プロムパーティを行う話です。


噂には聞いていましたが

キチ●イ度は相当高いですね。(;^_^A アセアセ・・・

今まで拷問系の作品はいくつか観ました

ジワジワ痛めつけられる拷問が多いけど

この作品は最初から結構厳しいなと思いました。

例えば・・・

「トイレに行きたい」と訴えると

「牛乳を飲んだグラスに尿を入れろ!」と命令

カウントダウンされ、

遅れるとハンマーで釘を打ち込むと脅されます。

恐ろしい娘と父親ですよ。

この父親と娘の関係は何か奇妙な感じで

相思相愛みたいでした。

別に男を拉致して来なくても良いのでは?と

思いました。

家の地下室には更に秘密が隠されています。


娘のローラは相当狂っていて

最後の方に出て来る車襲撃シーンは

何か日本のホラー映画みたいな

ゾッとする感じがしました。

自分が襲われたら恐怖です。(((( ;゚д゚)))


かなり痛々しいシーンがあるので

苦手な方は観ない事をオススメします。

ホラー映画ファンには必見の作品ですね。



オススメ度】 











スポンサーサイト

堺正章のTシャツが謎・・・

大のお気に入り作品です!
tinkさんのレビューはどうかなぁ?と思ったのですが、評価が高かったので嬉しいです。
とにかくこの映画はロビンちゃんの演技につきますね。
ラストが特にいいです!
[ 2013/03/12 12:38 ] [ 編集 ]

Re: 堺正章のTシャツが謎・・・

以前にSuperfuzz Bigmuffさんが絶賛されていたので

期待して観てみました。

レビューにも書きましたけど最初から結構キツイ拷問の所が

凄いなと思いました。

反撃シーンが良かったですね!

堺正章さんのTシャツは私は記憶に残らなかったですけど・・

監督さんがファンなのかな?
[ 2013/03/13 23:00 ] [ 編集 ]

こんにちは
逝かれてますよね この親子
地下室はすごいですよね どこまでいかれてるのやら・・・・・
拉致されたお兄ちゃんの生命力もすごいですね(笑)
[ 2013/03/21 17:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

カズさん、今晩は!

最近観た拷問系の中では過激でしたね。

あの親子は狂ってますよ。

最後の反撃シーンは良かったですね♪
[ 2013/03/21 22:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する