上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シリアルママ (1994年)






Poisonous Flower



















【製作国】アメリカ

【収録時間】94分

【監督・脚本】ジョン・ウォーターズ

【製作】ジョン・フィードラー、マーク・ターロフ

【音楽】ベイジル・ポールドゥリス

【出演】キャスリーン・ターナー(ビバリー)

   サム・ウォーターストン(夫・サトフィン)

   リッキー・レイク(娘・ミスティ)

   マシュー・リラード(息子・チップ)

   ミンク・ストール(ドッティ夫人)





叫び観想】


実話を基に作られていると書かれていますが、

本当なのでしょうか?

あまりにも「実話」と言う事を強調しすぎていて逆に怪しいです。


殺人狂の主婦の話です。

考え方が模範的すぎて、モラルに反する人を見ると許せないのです。

実際にもこういう性格の人っていますよね、

ここまで模範的だと病気ですよ。(;^_^A

主人公の女性は許せない事があるとすぐに殺してしまいます。

明るくて美人なので、そんな恐ろしい事をする人には見えません。


後半には裁判のシーンがありますが、

もし実話だとしたら、かなり問題になりますよ。


この映画の中で私が一番気の毒に思った被害者は

鶏の丸焼きを食べて殺された夫婦です。


愛鳥家なのは分かるけど、鶏肉を食べた位で殺さないで欲しいです。

その他にも、些細な事で殺される被害者が続出します。


日本ではDVD化されていませんが、かなり面白い内容なので

オススメです音譜



ドクロあらすじ】



ビバリーは歯科医の夫と2人の子供と家族4人で暮らす普通の主婦でした。


ある日、家に2人の刑事がやって来ました。


近所のドッティ夫人が卑猥な電話と郵便物に悩まされていると言うのです。



Poisonous Flower












 送られて来た郵便物を見せてもらうと、  


 切り抜きで言葉に出来ないような卑猥な言葉が書かれていました。



Poisonous Flower













Poisonous Flower


 皆が居なくなった後、


 ビバリーはドッティ夫人の家に電話。


 イタズラの犯人はビバリーだったのです!









 何故こんな卑劣なイタズラを繰り返しているのかと言うと、


 以前にスーパーに車で買い物に行った際、駐車しようとして待っていたのに


 停めようとした場所にドッティ夫人の車が停車してしまったからです。



Poisonous Flower













Poisonous Flower




 ドッティ夫人は何食わぬ顔をして


 スーパーに入って行きました。














Poisonous Flower


息子が通う学校で先生との面談が行われました。


スタビンズ先生は息子が描いた絵を見せ、


家庭内で何か問題があるのか?と


しつこく聞いて来ました。



 

息子のチップはビデオ屋のバイトをしており、ホラー映画が大好きラブラブなのです。

 「模範的な家庭で何も問題はありません」と答えると、


 「息子さんを精神病院に連れて行った方が良い」と言われてしまいました。



Poisonous Flower














      怒ったビバリーは先生を待ち伏せし、 背後から車で撥ね




Poisonous Flower













Poisonous Flower




 車をバックして轢き殺してしまうのでした。












 内容はこの辺で。


 この後、ビバリーの殺人行為は更にエスカレートして行きます。





目オススメ度】 ドキドキドキドキドキドキドキドキ



スポンサーサイト

1 ■尻アルママ

結構最近の作品という感覚だったんですが、もう10年以上前なんですね・・・
ああ、月日がたつのは早いですねぇ。
で、この映画最高ですよね。人を撥ねたらバックでトドメをささないとダメです。
これ。バイオレンスの基本!
[ 2011/07/20 07:21 ] [ 編集 ]

2 ■無題

こんばんわ。わたしこれ観たことありますよ。
コメディなんかなって思いながら観たらめっちゃイラつく映画でしたね。
なぜか、平気な顔して車で人轢き殺した場面しか覚えていません。
実際、自分の尺度にあわないことがあると、すぐ腹を立てる激情型の人っていますね。コマッタものです。(^^)
[ 2011/07/20 22:01 ] [ 編集 ]

3 ■無題

うわ~、この作品を取り上げてくれたのが嬉しいです!
ジョン・ウォーターズ大好き!
ビデオ巻き戻せ~!ゴミの分別をしろ~!と人を殺すキャサリン・ターナーが最高です。
こんなアホな映画の為に役作りで体重を増やしたキャサリン・ターナーってホントに立派!
[ 2011/07/22 15:46 ] [ 編集 ]

4 ■Re:尻アルママ

>エクスタミネーターさん
コメントのタイトルを読んで思わず笑ってしまいましたよ。
最近キャスリーン・ターナーさん観ませんね、元気なのかな?
ブラックすぎる内容ですよね、この内容で笑わせる所がスゴイと思います。
[ 2011/07/22 21:36 ] [ 編集 ]

5 ■Re:無題

>こんたです。さん
観た事ありましたか!些細な事にも腹を立てる人っていますよね、そういう人は一度精神科に行った方が良いと思います。またDVD化されたら是非再見してみてくださいね。
[ 2011/07/22 21:39 ] [ 編集 ]

6 ■Re:無題

>Superfuzz Bigmuffさん
ジョン・ウォーターズさんの作品ってディバインもそうですけど、憎めない悪役が多いですね。
どれも下品で面白いですね。
[ 2011/07/22 21:42 ] [ 編集 ]

7 ■無題

お久しぶりです。そういえばこちらには初コメントになりますね。

この映画、劇場に観に行きました。会場は大爆笑でした。特に「巻き戻せ!」のセリフには妙に納得しちゃいましたが、・・・それだけで殺しちゃまずいですよね~(笑)
[ 2011/08/17 16:09 ] [ 編集 ]

8 ■Re:無題

>kennyaskrさんアメブロにようこそ!
初コメント有難うございます。
これは最初から爆笑モノでしたね。
段々エスカレートして行く所が笑えました。
ビデオは確かに巻き戻すのがマナーですけど、
殺さなくても良いのにね。
[ 2011/08/21 20:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/36-94d608a9