上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

呪いの迷宮/ラビリンス・イン・ザ・ダーク (1988年)








Poisonous Flower
【原題】SPIDER LABYRINTH

【製作国】イタリア

【収録時間】87分

【監督】ジャンフランコ・ジャンニーニ

【製作・原案・脚本】トニーノ・チェルヴィ

【脚本】リカルド・アラグノ、チザーレ・フルゴーニ

    ジャンフランコ・マンフレディ

【音楽】フランコ・ピエルサンティ

【出演】ローランド・ウィベンガ(アラン・ウィットモア)

    パオラ・リナルディ(ジュヌビエーブ)

    ウィリアム・バーガー(謎の男)

    ステファーヌ・オードラン(クン夫人)





叫び観想】


この作品、劇場公開されていたのですね。

観る前はアメリカの作品なのかな?と思っていましたが、

いかにもイタリア映画らしい雰囲気を持った作品でした。


内容は古代宗教の研究をしているロート教授が音信不通になり、

アメリカの教授がブダペストまで資料を受け取りに向かう話です。

ロート教授が暮らしている街の住民たちが全員怪しい雰囲気で

何か恐ろしいです!


原題を読めば予想出来ると思いますが、

蜘蛛を崇拝する邪教が関係する話です。

殺人シーンは大した事がないですが、

蜘蛛女も出て来るし、最後には人間の赤ちゃん?が

変身するシーンがありますので、

イタリアのホラー映画が好きな方にオススメです音譜



ドクロあらすじ】



アラン・ウィットマン教授は少年時代にかくれんぼ中にタンスに閉じ込められ巨大な蜘蛛を発見!


その時の恐怖体験が今でもトラウマになっていました。



Poisonous Flower












ある日、大学の学長に呼び出され「インテクス計画で必要な資料を


ブダペストまで取りに行って欲しい」と頼まれました。


一番の資料の提供者だったロート教授が音信不通になったと言うのです。



Poisonous Flower













ブダペスト空港にはロート教授の助手のジュヌビエーブが迎えに来てくれました。


教授の家の前に到着すると「後でまた迎えに来ます」と言って帰って行きました。


Poisonous Flower















Poisonous Flower




ロート教授の家に行くと


夫人のシルビアが出て来ました。







夫人から教授に会いに行く前に「主人が変な事を言うかも知れませんが


無視して気になさらないで下さい」忠告されました。


最近は精神が衰弱し、研究を投げ出す有り様だと言います。





アランは不安を感じながらロート教授に会いに行き、学長から預かった手紙を渡しました。


シルビアが退室すると、急いでドアの鍵を閉め2枚の写真を渡し、


「誰にも見つからぬよう隠して持って行きなさい」と言います。


写真には石板とP・モリスと言う名前が書いてありました。


「今は説明出来ないので、今夜もう1度来て欲しい」と言われました。


Poisonous Flower













会話中に突然ガラスを突き破り、部屋の中に黒い玉が投げ込まれました。


外を見ると誰も居ませんでした。


そこへシルビア夫人が戻って来たのでアランは帰る事に。


Poisonous Flower














宿泊先のホテルに到着するとオーナーのクン夫人が現れました。



Poisonous Flower









その日の夜、外は嵐になっていましたが、


約束通りアランはロート教授の家に再び向かう事に。




Poisonous Flower



 ホテルを出た所で知らない男性から


 「早くこの街から出て行った方が良い」


 警告されました。





 ロート教授の家の前にはパトカーが停まっており、騒ぎになっていました。


 教授が部屋で首を吊って死んでいたのです!


Poisonous Flower













Poisonous Flower

 


 教授の体には蜘蛛の糸が


 付着していました。


 






 驚いた事にロート教授は独身でシルビアと言う夫人は居ないと言います。


 割れた窓ガラスも元通りになっていました。 ( ̄□ ̄;)!!



 内容はこの辺で・・。


 この後、アランは一体どうなってしまうのでしょうか?




Poisonous Flower


 ← こんな恐ろしい蜘蛛女が


   登場します。








  ↓ なんじゃこりゃ~~~!!


Poisonous Flower





















目オススメ度】 ドキドキドキドキドキドキドキドキ




スポンサーサイト

1 ■『なんじゃこりゃ~!!』て

やばい、ティンクさんのレビュー文面が面白すぎる・・・(´∀`;)
クモを崇拝って、どういう宗教なんでしょうね。

「クモ」っていうとその昔、スペース・スパイダーという映画がテレビで放送されて・・・(もう真面目なんだかブラックコメディ入ってるんだかわからないB級SFホラーのやつ)で、いつもそれを反射的に思い出してしまいます。
観た当時最恐でした。
いや、クモ映画では今でも最恐かも・・・
[ 2011/07/19 00:31 ] [ 編集 ]

2 ■Re:『なんじゃこりゃ~!!』て

>フロストさん
蜘蛛を崇拝すると言うのは珍しいですよね、
私も初めて知りました。
蜘蛛嫌いには多分キツイ内容だと思います。

楽しんで読んでいただけたようで良かったです♪
[ 2011/07/19 23:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tink0917.blog.fc2.com/tb.php/34-45512bb7